痩せたい人に最適な「ミトコンドリアに効く筋トレ」。
肩甲骨の「クセ」を正して肩こりを改善!
健康診断前日の筋トレはNG。
筋トレ後のストレッチはこの3種目を!
筋合成を高める「微量栄養素」に注目。
ピラティスで美しく機能的な体に仕上げる。
「大胸筋の段差」を集中的に鍛えて強調する。
女性の更年期症状を和らげるためにできること。
  • 公開:

鍛えるシェフの筋肉レシピ:ポーク卵

鍛えるシェフの筋肉レシピ:ポーク卵

自身もトレーニングを行う“鍛えるシェフ”直伝の料理を紹介する「美味い筋肉レシピ」シリーズ。今回は〈中む食堂〉代表・中村圭志さんに教えてもらった「ポーク卵」。

〈中む食堂〉の中村圭志さん

中村圭志さん

教えてくれた人

〈中む食堂〉代表。プロボクサー、総合格闘家として活躍後、好きで腕を磨いていた料理の道へ。2010年に東京・狛江で沖縄料理店開店、15年に千歳船橋に移転し現店をオープン。

筋肉のみで体重5kg増のバルクアップをめざして週3で筋トレを行う、沖縄料理店〈中む食堂〉の中村圭志さん。

沖縄“タンパクUP ”ソウルフードは、忙しいときも簡単に作れるポーク卵

「シンプルな料理だけにちょっとしたコツがおいしさを左右します。あらかじめ溶き卵には黒コショウを混ぜておく、ランチョンミートの両面にはしっかり焼き色をつけることがポイントです」

ポーク卵

鍛えるシェフの筋肉レシピ:ポーク卵

材料(1人分)

  • 卵2個
  • ポークランチョンミート(缶詰薄塩味・食べやすい大きさに切る)…100g
  • 黒コショウ…少々
  • トマトケチャップ…大さじ2弱
  • 万能ネギ(小口切り)…適量
  • サラダ油…適量

作り方

  1. ボウルに卵を割り入れ、黒コショウを加えて混ぜる。
  2. フライパン(直径20cmを使用)に油をひいて中火にかけ、ランチョンミートの両面に焼き色がつくまで焼く。
  3. 21を回し入れ、卵に焼き色がついてきたらひっくり返す。
  4. 器に移し、ケチャップをかけ、ネギを乗せる。

    ポイント

    ランチョンミート

    ランチョンミートは両面にしっかり焼き色を。香ばしく、よりおいしくなる。

    栄養ポイントはココ!

    筋肉を増やしたい時期は、タンパク質と、脂質などからエネルギーも摂る必要が。卵とランチョンミートの組み合わせでどちらもgoodバランスになりますね。逆に減量時は、フライパンにひく油を少なめに調節すればOK。 by 管理栄養士・河村玲子さん

    photos: Chihiro Oshima text: Noriko Ozawa nutrition supervision: Reiko Kawamura

    初出『Tarzan』No.851・2023年2月22日発売

    Share

    関連記事:

    Share