衰え知らずのバストをつくる!
「最低限これだけは!」という自宅トレ2種目。
膝に違和感を感じたら。やわらかい膝を手に入れる
腹筋を割るために知っておきたい10のこと。
正しい体幹トレは「呼吸」から。
体幹を鍛えるとどんないいことがあるの?
自宅で静かにできるHIITで脂肪燃焼&筋肉強化!
運動不足なら、この6種目で筋量低下にブレーキを。
  • 公開:

鍛えるシェフの筋肉レシピ:鶏胸ゴーヤチャンプル

鍛えるシェフの筋肉レシピ:鶏胸ゴーヤチャンプル

自身もトレーニングを行う“鍛えるシェフ”直伝の料理を紹介する「美味い筋肉レシピ」シリーズ。今回は〈中む食堂〉代表・中村圭志さんに教えてもらった「鶏胸ゴーヤチャンプル」。

鍛えるシェフの筋肉レシピ 〈中む食堂〉の中村圭志さん 沖縄料理

中村圭志さん

教えてくれた人

〈中む食堂〉代表。プロボクサー、総合格闘家として活躍後、好きで腕を磨いていた料理の道へ。2010年に東京・狛江で沖縄料理店開店、2015年に千歳船橋に移転し現店をオープン。

元プロボクサーで総合格闘家の〈中む食堂〉の中村圭志さん。今も週3は筋トレに励み、バルクアップ! 沖縄料理をタンパクUPレシピにアレンジしてもらった。

「チャンプルは鶏胸肉入りです。ゴーヤは季節で実が硬めのことがあるので、途中で蓋をして炒め煮にすると中までしっかり火が通り、おいしくなります」

鶏胸ゴーヤチャンプル

鍛えるシェフの筋肉レシピ 〈中む食堂〉の中村圭志さん 沖縄料理 鶏胸ゴーヤチャンプル

材料(1人分)

  • 卵…2個
  • 木綿豆腐(水切りして1〜2cm幅に切る)…1/3丁程度
  • 鶏胸肉(皮なし・1cm幅程度に切る)…50g
  • ポークランチョンミート(缶詰薄塩味・拍子木切り)…20g
  • ゴーヤ(縦半分に切って種とワタを取り除き、薄切りにする)… 1/3〜1/4本
  • ニンジン(短冊切り)…2〜3cm程度
  • 鰹だしの素(食塩無添加・顆粒)…小さじ1強
  • 鰹節小袋…1パック
  • 塩・コショウ…各適量
  • 醬油…1〜2滴
  • サラダ油…適量

作り方

  1. ボウルに卵を割り入れ、鰹だしの素を加えてよく混ぜる。
  2. フライパンに油をひき、豆腐、鶏肉を炒める(鶏肉のみ塩・コショウを振る)。
  3. ランチョンミート、ニンジン、ゴーヤ、塩ふたつまみほどを入れて炒め合わせる。しばらく蓋をしてゴーヤに火をしっかり通す。
  4. 1.を回し入れる。さらに香り付けで醬油を鍋肌から回し入れて炒め合わせる。
  5. 卵が固まってきたら器に盛り、鰹節を振る。

ポイント

鍛えるシェフの筋肉レシピ 〈中む食堂〉の中村圭志さん 沖縄料理 鶏胸ゴーヤチャンプル

鰹だしはあらかじめ溶き卵に混ぜておこう。味がムラなくうまくまとまる。

栄養ポイントはココ!

ランチョンミートを控えめにした分、鶏胸肉を組み合わせたことで脂質カット的にも○。野菜の中でもビタミンC豊富なゴーヤ。独特な苦みはモモルデシンという成分がメインで、抗酸化や血糖値低下作用も期待できます。 by 管理栄養士・河村玲子さん

photos: Chihiro Oshima text: Noriko Ozawa nutrition supervision: Reiko Kawamura

初出『Tarzan』No.850・2023年2月9日発売

Share

関連記事:

Share