プッシュアップに慣れたら、強度を上げてみよう!
筋肉を刺激して、むくみを解消せよ!
X脚の改善なら、股関節をリセットすべし。
雨で走れない日は「インドア有酸素運動」。
ハイレベルな自体重トレで腹筋を割りに割る。
腹を割るなら食事から!8つのルールを守ろう。
体脂肪率25%以上なら、まずは速歩&筋トレ。
1分で疲れを解消する前腕マッサージ&ケア。
  • 公開:

鍛えるシェフの筋肉レシピ:汁なし担々麺

鍛えるシェフの筋肉レシピ:汁なし担々麺

自身もトレーニングを行う“鍛えるシェフ”直伝の料理を紹介する「美味い筋肉レシピ」シリーズ。今回は〈アスリート中華ダイニング YI-CHANG〉宮崎義章さんに教えてもらった「汁なし担々麺」。

アスリートシェフ 宮崎義章さん

宮崎義章さん

教えてくれた人

日本体育大学でスポーツ栄養学などを学ぶ。2006年に〈アスリート中華ダイニング YI-CHANG〉を開店し、アスリートを食からサポート。無化調・無添加、栄養バランスがとれた独自の“アスリート中華”を展開。

大学時代は野球と体操競技、現在は筋トレとともにボルダリングを楽しむ〈YI-CHANG〉の宮崎義章さん。プロのアスリートにも人気!ヘルシーでカラダに優しい“アスリート中華”を、家で作るときのコツは?

必要のない時の油余分な脂はカットを。担々麺に使う挽き肉もショウガ、長ネギと一緒に水から茹でて“湯通し”をすることで脂が落ち、風味もよくなります」

汁なし担々麺

汁なし担々麺 レシピ アスリートシェフ 宮崎義章さん

材料(1人分)

  • 豚挽き肉…20g
  • 水…2カップ程度
  • 青ネギ…1本分程度
  • ショウガ…1片
  • テンメンジャン(甜麺醬)…小さじ1.5強
  • 中華麺(中太)…1玉(150g)
  • 卵黄…1個
  • トマト(角切り)…適量
  • 万能ネギ(小口切り)…適量
  • [A]
    • 醬油、ゴマ油…各大さじ1
    • ラー油…小さじ1/2
    • 穀物酢…小さじ1
    • チーマージャン(芝麻醬)…小さじ1※
    • トウチジャン(豆鼓醬)…小さじ1/2
    • ザーサイ(みじん切り)… 10g
    • 豚スープ(作り方1で作ったもの)…大さじ1+小さじ2

※瓶詰めの場合、上側の分離した油は避け、下側の練りゴマだけを使用するとよりカロリーが抑えられる。

作り方

  1. 豚挽き肉を湯通しする。鍋に水、挽き肉、青ネギ、ショウガを入れて火にかけ沸騰させ、挽き肉に火が通ったら火を止める。青ネギ、ショウガは取り除く。ザルなどで濾しながら挽き肉と豚スープ(調味料Aで使用)を別々のボウルに分ける。挽き肉にテンメンジャンを合わせ混ぜる。
  2. 調味料[A]をボウルに入れて混ぜ合わせる。
  3. 鍋でたっぷりの湯(分量外)を沸騰させ、麺を袋の表示時間通りに茹でる。ザルに上げて器に移し、2のタレを上からかけ、よく混ぜ合わせる。
  4. 麺の真ん中に窪みを作り卵黄を乗せ、1の挽き肉、トマト、ネギを振る。

ポイント

汁なし担々麺 レシピ アスリートシェフ 宮崎義章さん

豚挽き肉を湯通しする際は青ネギ、ショウガとともに水から入れて沸騰させよう。

栄養ポイントはココ!

一般的に高カロリーになりやすい中華とは一線を画すヘルシーさ。担々麺に欠かせない挽き肉は一度茹でる、練りゴマのチーマージャンも分離した油は除くなど、今回の油カットの手法はぜひ日常的に取り入れてほしいです。 by 管理栄養士・河村玲子さん

photos: Chihiro Oshima text: Noriko Ozawa nutrition supervision: Reiko Kawamura

初出『Tarzan』No.846・2022年11月24日発売

Share

関連記事:

Share