筋肉に効く、ゆっくり下ろす「エキセン」って?
オールアウトとは?自宅トレで限界に挑め!
腹筋をまんべんなく刺激「リバースクランチ」。
雨で走れない日は「インドア有酸素運動」。
4つのヨガで「肩と股関節」を柔らかくしよう!
骨盤を意識したウォーキングで腹を絞ろう。
鍛えにくい背中を自宅でも刺激しよう!
運動不足なら、この6種目で筋量低下にブレーキを。
  • 公開:

「努力が目に見える嬉しさ」TBS齋藤慎太郎アナが語る筋トレの魅力

始めは怪我からのリハビリ中に「サッカーのために」と行っていた筋トレだったが…。TBSの齋藤慎太郎アナウンサーが、ボディメイクにのめり込んでいった理由とは?

Share

業務の合間を縫ってトレーニング

彫刻のような腹筋に、盛り上がった肩…、精悍なこのフィジーカーの正体はアナウンサー

2022年8月に行われた『マッスルゲート 東京ベイ大会』、そのメンズフィジーク新人の部176cm以下級で、TBSの齋藤慎太郎アナが見事準優勝に輝いた。

斎藤慎太郎アナウンサー

齋藤慎太郎さん(さいとう・しんたろう)/1997年生まれ。2020年TBSテレビに入社。担当番組は『Nスタ』『ひるおび』など。Instagramでは、自身の関わる番組と筋肉を発信中。最近の悩みはスーツのサイズが合わないこと。写真:©月刊アイアンマン

「初めての大会だったので、わからないことばかり。舞台袖でようやく緊張し始めて、順位発表ではバクバク(笑)。アナウンス業務の合間を縫ってトレーニングした結果が実って、本当によかったです」

筋トレは僕のメンタルを保ってくれるもの

幼い頃から生粋のサッカー少年だった齋藤アナ。そんな彼が本格的にボディメイクを始めたのは大学1年の頃。

「サッカー部での活動で怪我をしてしまい、リハビリ中に筋トレ好きの友人に勧められたのがきっかけ。初めはサッカーのためにと行っていたのですが、次第に“デカくなりたい”一心に。当時サッカーの方が伸び悩んでいたので、自分の努力が目に見えてわかる、ということを久々に感じられたことが嬉しくて」

大会という一つの山が過ぎ、これから目指すところは?

筋トレは僕のメンタルを保ってくれるもの。なければ、仕事も続けられていないかも…。だから、これからも鍛えていきます! 来年も大会には出場する予定です。あとは、アナウンサーとしても関わっていきたい。TBSでボディメイク番組、なんて始められたら最高ですね」

斎藤慎太郎アナウンサー

取材・文/増田淳希 撮影/石原敦志

初出『Tarzan』No.844・2022年10月20日発売

関連記事:

Share