鍛えられた肉体美を眺めて、自らを奮い立たせる。
西川貴教さんが教える「腹を割るためのヒント」。
ベッドの上でできる!寝起きの腰のだるさをストレッチで解消。
スマホ首をリセットして肩こり解消!
5種目30分でヒップアップを目指す!
健康診断前日の筋トレはNG。
噂の「マッサージガン」について知ろう。
「筋トレでダイエット」するならこの6つを心得よ。
  • 公開:

困惑に乗じたストレッチ。「肩すくめ」で肩まわりの血流促進

漫画家・崎田ミナ 「こそストレッチ」

カラダをほぐせば心も緩む。だからこそ手持ち無沙汰になったらすかさずストレッチ!『ずぼらヨガ』などヒット作を手がけるイラストレーター・崎田ミナさんが、外出時も悪目立ちせずこっそりできる「こそストレッチ」を教えてくれた。今回は、困惑に乗じて血流を促せる肩すくめストレッチをご紹介。

崎田 ミナ(さきた・みな)

崎田ミナさん

教えてくれた人

さきた・みな/イラストレーター、漫画家。ヨガストレッチや健康に関するコラム漫画、イラストなどをウェブや紙媒体で執筆。新刊は『自分の手でときほぐす! ひとりほぐし』。

困惑に乗じて、肩すくめ

漫画家・崎田ミナ 「こそストレッチ」

要領を得ない議論では肩まわりも力みがち。“も〜お手上げ!!”と思ったら、ダイナミックな身ぶりで両肩を最大限引き上げてからがくんと落とす。これで肩まわりの血流を促進

「肩を上げて下げるだけなのでめちゃくちゃ簡単。疲労MAXな時は肩を上げた後に肩甲骨を寄せ切ってから肩を下ろすのも気持ちいいですよ」(崎田ミナさん)

隙あらば伸ばせる“こそストレッチ”

キャッチーな描写と実践的なストレッチ&ヨガの解説で人気の崎田ミナさん。話題作を多く生み出す彼女を支えるのは、やはりストレッチ

「職業柄、座業が多いので何もしなければ特に背中がバキバキに硬くなります。それをなんとかしたいのと、そもそも気持ちいいので、時間を見つけては伸ばすのが今では癖に。あと、心の健康維持のためにやっている部分が私は大きいです。もともと“緊張しい”で、呼吸がすぐに浅くなるんですよ。昔メンタルの調子を崩してしまった時にストレッチとヨガに救われた経験もあって。毎晩その日やりたいストレッチをしますが、日中もこまめにほぐしています」(崎田ミナさん)

それが習慣になり約9年目。崎田さんは家で過ごす時だけでなく、外出中も悪目立ちしない“こそストレッチ”を、師事している先生に教わりながら日常に取り入れているそう。

「どれも人目につかずできるちょっとした動きですが、伸びた感覚を味わえます。ゆったりした呼吸を意識しながら行うと気持ちいいですよ」

崎田さんが選び抜いた「こそストレッチ」で、いつでもどこでも伸ばして、心身を軽やかに。

取材・文/門上奈央 ストレッチ監修/鈴木江美(トレーナー)

初出『Tarzan』No.838・2022年7月21日発売

Share
Share