顔のたるみ対策「舌トレ」で表情筋を鍛える。
プッシュアップに慣れたら、強度を上げてみよう!
西川貴教さんが教える「腹を割るためのヒント」。
7つのヨガポーズで代謝をアップしよう!
肩甲骨の「クセ」を正して肩こりを改善!
冷えを感じたら、20の「温活」でポカポカ。
糖質オフするなら餃子よりシューマイ。
3ステップで「骨盤が原因の腰痛」を改善。
  • 公開:

特集「疲れないカラダ」。4月7日(木)発売の雑誌『Tarzan』(No.831)

『ターザン』831号(2022年4月7日発売)の特集は「疲れないカラダ」。疲労解消に導く8つ新キーワードを収録。呼吸、歩き方、糖質の摂取法などを変えて、疲労回復! 三浦知良選手の表紙が目印です!

Share

疲労回復の新常識、ココにあり!

皆さん、お疲れ気味ではありませんか?

リモートワーク続きで、運動不足だったり、気持ち的にポジティブになれなかったり…。さらに近年は、春の季節要因も指摘されていて、“春バテ”という言葉が注目されるほど。

寒さから解放されたことでの気候的な寒暖差が大きく、また新年度、新生活のスタートも重なり、疲れを感じる人が増えているのが、いまの春の時期なのです。その疲れの正体や傾向を知り、疲れないカラダに導いていく特集です。

具体的な疲れ対策は、8つの気になる新キーワードで紹介。

スタンフォード式IAP呼吸法、パノラマビジョンウォーキング、ピンクノイズ、マザーホルモンDHEA、マッスルリセッティング…、歩き方、呼吸法、食事術、入浴法、そしてインテリアまで幅広くアプローチします。

センター綴じ込み企画は、胃腸・肝臓・脳などのインナーから、肌、メンタル、そして目まで、疲れたら&疲れないための33個のアイデア集を掲載。

ほかにも、古武術からヒントを得た日常生活での疲れないカラダの使い方も伝授。

表紙は55歳の現役アスリート、三浦知良さん!

特集巻頭に登場するのは、表紙を飾っていただいた三浦知良さん。55歳にして現役アスリートを続けるKING KAZUに、コンディション面を含む、55もの質問に回答してもらいました。

熱や痛みとともに、カラダの三大アラームと呼ばれる「疲れ」。運動、栄養、入浴、環境、日常動作、ギア…、あらゆる角度から、疲れないカラダ作りの新提案をしていく一冊です。

疲労解消に導く新キーワードも収録!「疲れないカラダ」
ターザン 立ち読み画像 831号

『三浦知良選手に聞きたい55のコト』。2022年3月13日。55歳にしてプロのピッチで65分の躍動を見せた。今もプロで動き続けられるカズ、三浦知良に55の疑問をぶつけた。(本誌P12掲載)

ターザン 立ち読み画像 831号 2

2021年、内閣府が行った1万人以上を対象にした調査では、「コロナ疲れ」を感じていると答えた人の割合は72%。今こそ本気で考えたいのは「疲れないカラダ」の作り方だ。(本誌P20掲載)

ターザン 立ち読み画像 831号 3

正体不明の相手(=疲れ)と闘うのは分が悪い。どんな仕組みで、カラダはどうなっているのか。上手く付き合っていくにはどうしたらいいのか。疲労の正体を勉強しておこう。(本誌P24掲載)

ターザン 立ち読み画像 831号 4

小さな疲れから、慢性的な大きな疲れまで、どうしたらスッキリした毎日を過ごせるのかを、8つのキーワードから提案。呼吸も運動も食事も、疲れ対策にまつわる研究は進んでいる!(本誌P30掲載)

ターザン 立ち読み画像 831号 5

疲れすぎてセルフケアする気力も湧かない。そんな日は疲労解消に絶好なスポットや専用グッズにすがるが吉。実力派のあれこれがお疲れボディに効くか、検証してみた。(本誌P44掲載)

ターザン 立ち読み画像 831号 6

令和のエリートなら「忙しくて寝てないよ~」と自慢せず、疲れと上手に付き合うべし。胃腸・肝臓・脳、肌、メンタル、目の、疲れたら&疲れないためのアイデアをご紹介。(本誌P51掲載)

ターザン 立ち読み画像 831号 7

「古武術」こそ、日本人のカラダに合った、古くから伝わる合理的かつ楽なカラダの使い方⁉︎ その基本を知り、家事や仕事など日常のさまざまなシーンに応用しよう。(本誌P59掲載)

ターザン 立ち読み画像 831号 8

長く現役を続けられたのは、疲労を起こさないよう工夫してきたから。鉄人と呼ばれた男・室伏広治スポーツ庁長官に、これまで培ってきた回復の方法を教えてもらおう。(本誌P68掲載)

4/7(木)発売・831号の表紙はこちら!

雑誌Tarzan/ターザン831号の表紙

立ち読み動画もどうぞ!

文/編集部

Share