「最低限これだけは!」という自宅トレ2種目。
血糖値を安定させるためにやりたいこと。
噂の「マッサージガン」について知ろう。
マナーを守って、気持ちよくジムで鍛えよう!
自宅でプルプル二の腕を引き締める。
腹筋をまんべんなく刺激「リバースクランチ」。
初心者ランナーのプチトラブル解決策
ジムで徹底的に美尻を磨き上げる。
  • 公開:

元プロ野球選手・山口俊さんの店〈TANIARASHI 六本木店〉

TANIARASHI 六本木店 元プロ野球選手 山口俊さん

この店にこの元選手あり。今回紹介するのは元プロ野球選手・山口俊さんの店、東京〈TANIARASHI 六本木店〉。

TANIARASHI 六本木店 元プロ野球選手 山口俊さん

山口俊さん

この元選手の店

やまぐち・しゅん/1986年生まれ。柳ヶ浦高から2005年横浜入り。先発、抑えで活躍し17年に巨人移籍。19年最多勝獲得。20年MLBトロント・ブルージェイズに移籍。翌年巨人に復帰し、22年限りで引退。

実家大分のちゃんこの味を、東京でも味わってほしい

横浜DeNAから巨人、メジャーでも投げ、NPB通算66勝112セーブをマーク。昨年限りで現役を引退した山口俊さん。今はちゃんこ店の主人として店に立つ毎日だ。

TANIARASHI 六本木店

TANIARASHI 六本木店 元プロ野球選手 山口俊さん

自慢のちゃんこをワインやシャンパン、日本酒や焼酎で味わえる。別途お通し1人1,000円、サービス料10%。

  • 住所東京都港区六本木5-18-20
  • TEL03-6441-0212
  • 営業時間17:00~23:00(フード22:00、ドリンク22:30L.O.)
  • 定休日日曜

「父は元幕内力士で、子供の頃は既に引退していて、大分で四股名・谷嵐と同じ〈たにあらし〉というちゃんこ屋を営んでいたんです。いわばちゃんこは僕を育てた味。以前から、いつかは東京に実家の料理を味わえる店を開きたいと考えていました」

ちゃんこと聞くと濃いスープの印象があるが、ここは薄味の寄せ鍋風が名物。それを各種取り揃えたワインと一緒に楽しむスタイルだ。

TANIARASHI 六本木店 元プロ野球選手 山口俊さん

本家大分の〈たにあらし〉と同じ味を提供。名物は寄せ鍋ちゃんこ(1人前2,800円、2人前より)締めには雑炊(800円)がおすすめ。

出汁を利かせたスープで、きっとちゃんこの概念が変わるはず。鍋の後の雑炊やうどんも、ただスープに加えるのではなくひと手間かけて提供するので、さらにおいしく食べられますよ」

TANIARASHI 六本木店 元プロ野球選手 山口俊さん

とり天(1,400円)、近江牛タタキ胡麻ポン酢(1人前2,800円)など一品料理も充実。

山口さんもカウンター越しに積極的にサービスする。

「ファンの方もたくさん来られますし、現役の頃は難しかった密なコミュニケーションができるのが嬉しいですね。今後はもっと店舗を展開できればと考えています」

取材・文/黒田創 撮影/中島慶子

初出『Tarzan』No.859・2023年6月22日発売

Share

関連記事:

Share