「肩甲骨と背骨」を整えて、上半身トレを効率的に!
危険な血糖値スパイク。あなたは大丈夫?
腹直筋狙いで腹を割る自体重トレをマスターしよう。
良い悪いってどういうこと?「代謝の正体」を学ぶQ&A。
「筋トレでダイエット」するならこの6つを心得よ。
噂の「マッサージガン」について知ろう。
体幹を鍛えるとどんないいことがあるの?
リンパマッサージで老廃物を優しく流す。
  • 公開:

コントーションって? 軟体芸・清水ほのかさんの妙技

コントーション

カラダの柔軟性を極限まで高め、可動域の限界まで挑むパフォーマンスが「コントーション」。今回は、そのパフォーマーである清水ほのかさんに話を聞いた。人間のカラダってここまで柔らかくなるの!?と驚きのパフォーマンスをとくとご覧あれ。

清水ほのかさん コントーション

清水ほのかさん

教えてくれた人

しみず・ほのか/パフォーマー。新体操競技を経てコントーションパフォーマーに。ステージ、映画、TVバラエティなどで活躍。

柔軟性を極限まで鍛える特殊技能

思い切り曲がったこの姿勢を見よ。

コントーション 清水ほのかさんの妙技

人間のカラダってここまで柔らかくなる!?」と驚くほかない妙技を披露するのは清水ほのかさん。サーカスの軟体芸であるコントーションのパフォーマーで、東京五輪2020の開会式にも出演経験がある実力の持ち主だ。

コントーションは柔軟性を極限まで鍛えて、カラダの可動域の限界に挑む特殊技能のひとつ。特にモンゴルでは芸術として発展していて、世界的パフォーマーを多く輩出しています。私は新体操の選手と指導者を経てこの道に入りました」

清水ほのかさん コントーション

屈曲度を高めるべく、顔の下に2段のブロックを置いて柔軟体操。「世界にはもっと凄いパフォーマーがいるので少しでも近づきたいんです」。

コントーション 清水ほのかさんの妙技

カラダを究極にコンパクトに折り曲げると、こんな感じで段ボール箱にもスッポリ入れる。かくれんぼならどんな場所にも隠れられる!?

ただし、カラダが柔らかいだけでは通用しない世界なのだとか。

「瞬発力が重視される新体操と違い、倒立姿勢から極端に折れ曲がった状態をキープする表現も多く、自体重を支える筋力が必要なんです。柔軟運動と筋トレ、両方を満遍なく行いつつ、今より1mmでも曲がるよういろんな姿勢を試しています。

たまに“お酢をたくさん飲んでますか?”と聞かれますが、そんなことはありません(笑)。食事については体重管理に気をつけるぐらいですね」その努力の賜物が下の写真。

コントーション

弓矢コントーション」もインパクト大だが、この状態から足先で弓を引き、矢を的に当てられるとか。曲がり方も技術も半端ない!

取材・文/黒田創 撮影/石原敦志

初出『Tarzan』No.856・2023年5月11日発売

Share

関連記事:

Share