健康診断前日の筋トレはNG。
筋トレ前のストレッチはこの4種目を!
運動不足なら、この6種目で筋量低下にブレーキを。
腹筋をまんべんなく刺激「リバースクランチ」。
痩せたいけど運動嫌い? なら“1日5分”の筋トレを。
ハイレベルな自体重トレで腹筋を割りに割る。
AYAさん直伝の筋トレで腹をイジメたい!
顔のたるみ対策「舌トレ」で表情筋を鍛える。
  • 公開:

人気沸騰中! スペイン発のスポーツ「パデル」って?

パデル

世界中からフィットネスの最新事情を集めた「WORLD FITNESS NEWS」、今回はスペイン発のスポーツ「パデル」についての話題をお伝えします。

Share

“ちょうどよい”スポーツがミラノで人気に

スペインやメキシコなどのスペイン語圏や南米諸国で楽しまれる「パデル」の人気にミラノで火がついた。新感覚スポーツとして注目され、コロナ禍にありながらプレーヤーは一気に増加。

市内の専門店〈Padel for Fun〉のスタッフも「ブームは始まったばかり。イタリア全土に広がるのはこれから」と予測する。

〈Padel for Fun〉のスタッフ

実際売れ行きは好調で、半年前に広い店舗に移ったばかりなのだとか。

ちなみに「パデル」はテニスとスカッシュをハイブリッドさせたようなラケットスポーツ。コートサイズはテニスの半分で、周囲を囲んだガラスなどの壁を巧みに使いながらプレーする。

パデル

専用アイテムの新製品が続々と登場。そんな「パデル」の愛好家にはナダルやジョコビッチ、メッシやネイマールなどが名を連ねる。

またラケットは板状で、ボールの反発力はテニスより小さいため、ラリーを続けることも比較的簡単だ。ボールを追う楽しさを感じながら、運動量も程よいため、誰にでも“ちょうどよい”スポーツなのだ。

Reporter

URAE YUMIKO/東京都出身、ベルリン在住。ヨーロッパ各地のライフスタイルやデザイン、アートに関する取材や執筆を行う。現在発酵食品にハマリ中。

edit: Takashi Osanai

初出『Tarzan』No.838・2022年7月21日発売

Share