加齢とともに気になる…。関節・骨の不安に「骨活トレーニング」
体脂肪率25%以上なら、まずは速歩&筋トレ。
低コスト・高タンパクな自炊の下ごしらえ法。
冷えを感じたら、20の「温活」でポカポカ。
ジムで徹底的に「腕」を追い込んでみる。
【女性向け】6種の簡単筋トレで脂肪燃焼!
AYAさん直伝の筋トレで腹をイジメたい!
ハンドスタンドで逞しい肩と腕を手に入れる。
  • 公開:

現在の前脛骨筋の様子(プロサッカー選手・川澄奈穂美さん)

アメリカで活躍する川澄奈穂美さんのトレーニングやケア法、遠征の舞台裏などを綴る「Every day Fun day!」。今回はチューブを使ったトレーニングについて。

今年から取り組んでいるチューブトレ

去年チューブを手に入れ、練習前にチューブを使って筋肉に刺激入れをしています。今年は、ベッドの脚にチューブをひっかけて、足首股関節大腿周り、そして前脛骨筋のメニューをしています。

前脛骨筋は元々お気に入りの筋肉で、お気に入りの意味は自分でもちょっとよくわからないんですけど、結構発達していて好きってことです。チューブやるとよくわかります。

バンドトレーニング

この筋肉が衰えると足裏のアーチが崩れパフォーマンスが低下したり、ふくらはぎが疲れやすくなってしまうようです。

また、つまずきやすくなってしまうので、色んな意味でつまずかないようにこれからもしっかり鍛えます。

目指せ! 脛当ていらず!

Share
Share