• 公開:

ヴィブラム初のサスティナブルなソールを搭載した5本指シューズ《KSO ECO》

5本指シューズ〈Vibram FiveFingers〉の中でも特に人気の高い《KSO EVO》の改良版ともいえる《KSO ECO》が7月15日に新発売される。

ヴィブラムファイブフィンガーズの《KSO ECO》
ヴィブラムの革新的なアウトソール《N-Oil》を初めて採用したモデル。《KSO ECO》16,280円(税込み)

3mmの薄型アウトソールに、アッパーは通気性が良く耐久性に優れた麻素材を採用。これからの暑い夏でも蒸れることなく快適に着用でき、メッシュ素材のKSO EVOに勝るとも劣らないフィット感を体感できる。

ECOと銘打っているだけにヴィブラムが持続可能な環境保全活動を行うための計画として掲げる「サスティナブル・ウェイ」にのっとり環境に配慮した材料、工程で作られたモデルだ。

アッパーでは、麻という天然素材もさることながら製造過程全体で化学薬品を一切使用しておらず、アウトソールは自然由来の原料を90%以上使用して作った《N-oil(ノイル)》を初採用。着色は植物や有機栽培による副産物を用いた100%自然由来の顔料で仕上げている。

《KSO ECO》のアッパー素材と5本指
139g(日本人向け28cm)と軽量で柔らかく、より足指が動かしやすい。麻のアッパーの質感も良く街履きからトレイルまで用途も広い。

3mm薄で足指を自由に動かせるだけに、いわば接地感覚は素足そのもの。トレーニングはもちろん、足に悩みを抱える人のリハビリなどまでカラダ本来の動きを思い起こさせてくれるのが5本指シューズ。

どんな環境下でも安全を担保する最高のグリップ力を備え、名だたる冒険家の登山靴を筆頭に文字通り活動領域を広げてきたヴィブラムソールとは、まさしく人間の機能拡張の道具。そして環境に配慮したKSO ECOは、まったくもってシューズの生態学というわけ。

EVOLUTION(進化)からECOLOGY(生態学)へ。つかみはOKだ。

INFORMATION

Barefootinc Japan

https://www.barefootinc.jp/

文/本田賢一朗