• 東京を一望できるバーで、「プロテイン モクテル」を嗜む
COLUMN
2021.06.11

東京を一望できるバーで、「プロテイン モクテル」を嗜む

モクテル

非日常な空間に身を浸したい時は〈ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町〉へ。都心にそびえる〈東京ガーデンテラス紀尾井町〉上層階のホテル内のバーで、ノンアルコールのカクテル(モクテル)を堪能できるからだ。

計3種類、なんと全てプロテインパウダー入り! コロナ禍で健康を気遣う人やお酒は飲まないが気分転換したい人の増加を受け、誕生した。

プロテイン入りノンアルコールカクテル
【左】Protein Sling(プロテイン スリング)

カフェオレ味のプロテインにアーユルヴェーダティーと、バラやシナモンなどの香りが特徴的なボタニカル由来のノンアルコールのジン《ネマ》を合わせた。オレンジの果汁がアクセント。


【中央】Protein Colada(プロテイン コラーダ)

バニラ風味のプロテインにカモミールティーと爽やかなアップルピューレを加えて。グラスを口に近づけるとすりおろしたアーモンドがふわりと香る。ココナッツ風味で南国気分高まる一杯。


【右】Protein Hoppe(プロテインホッパー)

カカオのソイプロテインをスイートベリーティーと豆乳で割り、ミックスベリーとミントでデコレーション。カカオの濃厚さとベリーの酸味がマッチし、デザートドリンクのよう。

レシピを考案したのは、国内外の数々のコンペティションでの優勝歴を誇る、バーテンダーの阿部央さんだ。

「シンガポールスリングとピニャコラーダ、グラスホッパーから着想を得て作りました。一番工夫したのはフレッシュで柔らかな口当たりです。プロテインを温かい紅茶で攪拌してなじませ、ふわっとした舌触りに。

シロップや砂糖は一切加えず、甘みはプロテインとフルーツだけ。タンパク質は少なくともプロテイン分の15gは確実に摂取していただけます(笑)」

いっそ宿泊して館内にある室内プールやジムで汗を流し、運動後にこのモクテルを味わうのもアリ。カウンターの奥にある窓の向こうには東京の景色…こんな休日、理想的。

INFORMATION

Sky Gallery Lounge Levita

モクテルはいずれも1杯1,800円(サービス料別途15%)。バーは宿泊客でなくても利用可。8月31日まで販売予定。

住所/東京都千代田区紀尾井町1-2 35階

問い合わせ先/tel. 03-3234-1136

営業時間/15:00〜20:00(L.O.19:00)

※営業時間は変更になる場合があります。

取材・文/門上奈央 撮影/山本嵩

初出『Tarzan』No.810・2021年5月13日発売

Special