衰え知らずのバストをつくる!
女性だけじゃない。その不調、男性更年期かも?
ジム初心者におすすめしたい3つのフリーウェイト。
毎日やろう!食欲を抑える簡単ストレッチ。
加齢とともに気になる…。関節・骨の不安に「骨活トレーニング」
姿勢の土台、足裏を整えよう。
リモートワークで落ちた筋肉を劇的に復活させる下半身トレ。
目指せギャクサン!背中を鍛え上げる公園活用術。
  • 公開:

しっかり背骨メンテ|漫画家・崎田ミナが効き目で選んだヨガ&ストレッチ10選 ⑩

ストレッチ本のベストセラーを生んだ漫画家・崎田ミナさんが普段行っているヨガ&ストレッチのセレクションを描き下ろしイラストでご紹介。今回は「しっかり背骨メンテ」です。

Share
教えてくれた人
崎田 ミナ(さきた・みな)
崎田 ミナ(さきた・みな)/イラストレーター、漫画家。Webでのヨガ、ストレッチコラムが評判となり、『ずぼらヨガ』『すごいストレッチ』などのシリーズ本は累計50万部を突破。5月13日に最新刊『くう、ねる、うごく! 体メンテ』がマガジンハウスから発売。

しっかり背骨メンテ

背骨まわりの緊張をほぐすと翌日起きたときの体調が全然違うので、寝る前に行っています。背骨のカーブはあくまでイメージ。完璧にできなくても大丈夫。

しっかり背骨メンテ

好きな種目を好きなときに、でOK。

分かりやすいと評判のヨガストレッチ解説で知られる崎田ミナさん。ヨガとの出合いは8年前に遡る。

「当時はひどいうつ状態。自律神経も乱れて全身ガタガタでした。そんなとき、パートナーのすすめで前から興味のあったヨガの体験クラスに参加したんです」

始めてすぐにリフレッシュ感を実感した。やがて1か月に一度のジム通いが2週間に一度、週に1度、週に2度とどんどん頻度が高まった。

「1年もすると大きな変化が起こっているなと感じました。8年も通っていた心療内科の先生に抗うつ剤の代わりにヨガやウォーキングを続けなさいと言われたんです。今でも完璧に健康というわけではないですよ。

性格的に“緊張しい”ですし神経がピリピリしやすいので波はあります。ただ、ヨガやストレッチという対処法を持っていることはすごく強みになると思います。

やる時間や頻度は気にせず、好きなときにやって気持ちよかったらそれでOK。心の健康にはそれくらいのつもりで十分です」

そんな崎田さんが選び抜いたポーズ10選。好みの種目を、お好きなときにどうぞ。

INFORMATION

くう、ねる、うごく! 体メンテ』(小社刊)では、ストレッチなどの運動に加え、食事や睡眠での体調改善もわかりやすく図解しています。

取材・文/石飛カノ イラストレーション/崎田ミナ

初出『Tarzan』No.810・2021年5月13日発売

Share