• 【私の名品】総合格闘家・堀口恭司のマッサージガン&釣り具
COLUMN
2021.05.18

【私の名品】総合格闘家・堀口恭司のマッサージガン&釣り具

堀口恭司(ほりぐち・きょうじ)
堀口恭司(ほりぐち・きょうじ)/1990年生まれ。幼少より伝統派空手を学び、PRIDEやK-1の影響を受けて空手からMMAへ。2016年からはアメリカの名門アメリカン・トップチームの所属になり、17年からはRIZINに参戦、昨年末バンタム級王者に返り咲いた。

あのアスリート、著名人たちに聞いたフィットネス&アウトドアにまつわる私的な名品。今回話を伺ったのは、総合格闘家・堀口恭司さん。

釣りの最中は他のことを何も考えずにいられます。

まずひとつ目は釣り具です。自分は子供の頃から釣りが大好きなんですよ。フロリダに来たばかりのときも、最初は近くにある池で釣りばかりしていました。友達が全然いなかったので。辛いことがあっても耐えられたのは、釣りのおかげ。

釣りの最中って、他のことは何も気にせず、魚の動きだけに集中できるのがいいんですよ。格闘技のことなんてまったく考えてませんから(笑)。相手の動きを予想して仕掛けるので、格闘技に通じるところもあるかもしれませんが、それ以上に純粋にリラックスするための行為ですね。

今回持ってきたのは、〈アブ・ガルシア〉の竿と、〈DAIWA〉の《ルビアス》というリールで、日本の管理釣り場で使う、トラウトフィッシング用のものです。

1/20

トラウトフィッシング用の釣り具

トラウトフィッシング用の釣り具

堀口選手が日本にいるとき、ルアーが使用可能な管理釣り場(いわゆる釣り堀)で、バスを狙うときに使う道具一式。この他にも、堀口選手は20本弱の釣り竿を所有。ちなみに、堀口選手は膝の十字靱帯断裂の手術直後も、松葉杖をついて釣りをしていたそう。

HYPERICEのマッサージガン

マッサージガン
オープン価格。問い合わせ先/モントルーtel. 06-6131-4780。

数多くのアスリートが愛用するボディケア商品《HYPERVOLT》。振動は3段階に調節でき、症状に応じてアタッチメントの変更が可能。堀口選手は遠征のときは持ち歩くそうだが、それも苦にならない軽さ。

〈HYPERICE〉のマッサージガンは、腰痛に悩まされていたとき、ATT(アメリカン・トップチーム)のコーチに紹介してもらって知ったのですが、使ってみたらめちゃめちゃよくて。正直、マッサージ師より効きました。

“かゆいところに手が届く”じゃないですけど、自分が凝っていると思うところにピンポイントで当てられるからでしょうね。凝っているときはもちろん、「明日は腰が痛くなりそうだな」とかは経験的にわかるので、そういうときに家で5分くらいやります。メンテナンスというか、日課。これはもう手放せませんね。

2021.05.27更新

※《ルビアス》のメーカー名に誤りがございました。

※「簡易釣り場」の表記は誤りで、正しくは「管理釣り場」です。

お詫びして訂正いたします。

取材・文/鍵和田啓介 撮影/下屋敷和文

初出『Tarzan』No.808・2021年4月8日発売

Special