• 魅力は“タンパク質量”だけじゃない。垂涎の《マッスルバーガー》
FOOD
2020.10.12

魅力は“タンパク質量”だけじゃない。垂涎の《マッスルバーガー》

マッスルチーズバーガー
マッスルチーズバーガー/肉厚なサラダチキン(約150g)を主役に、チーズやトマトなどをサンド。ハーブがアクセントのチキンは旨みたっぷり。価格1,680円(税込)

最後にハンバーガーを食べた日を思い出せない、という『ターザン』読者は少なくないはず。健康のためいつの日か遠ざけたハンバーガーも、“コレ”なら食べられる。

完全栄養の主食をプロデュースする〈BASE FOOD〉から史上最強の《BASE FOOD BURGER》が誕生。バンズにはタンパク質13.5gに加え、約30種類もの栄養素を含む《BASE BREAD プレーン》を使用。トレーニー好みの食材を惜しみなく挟んだ逸品だ。

1/20

マッスルバーガー

マッスルバーガー
価格:1,480円(税込)

マッスル サルサバーガー

マッスルサルサバーガー
価格:1,680円(税込)

大判ビーフ チーズバーガー

マッスルバーガー
価格:1,780円(税込)

特筆すべきは栄養価の高さ。上に紹介した4種類は全て、1個でタンパク質を約50gも摂れる。またバンズで26種類のビタミンミネラルオメガ3食物繊維などを摂れるのがストロングポイント。

…といった能書きも、一口頰張れば忘れてしまうほどウマい。《マッスルバーガー》などで挟むサラダチキンは、2時間低温熟成して仕上げるため、しっとりと柔らか。また《大判ビーフチーズバーガー》のハンバーグは、粗挽き肉を手ごねして作った本格派。

《BASE FOOD BURGER》は渋谷周辺エリアを対象に〈Uber Eats〉で注文可。チートデイや運動後、リモートワーク中の“口福”にどうぞ。

Information

BASE FOODBURGER

MPキッチンのデリバリー専門事業〈ゴーストレストラン〉とのコラボで生まれたハンバーガーは9種類。サイドメニューにはポテト(+200円で注文可)、グリーンサラダ(580円)など。注文はこちらから(配達は渋谷周辺エリアのみ)。

取材・文/門上奈央 撮影/北尾渉

初出『Tarzan』No.796・2020年9月24日発売

Special