バランスボールを使えば、腹筋群を網羅的に鍛えられる。
内臓脂肪を減らす「油カット」10個のアイデア。
肩甲骨の「クセ」を正して肩こりを改善!
冷えを感じたら、20の「温活」でポカポカ。
危険な血糖値スパイク。あなたは大丈夫?
細マッチョになりたいない、短距離ラン!
突然のギックリ腰。どう対処する?
鍛えられた肉体美を眺めて、自らを奮い立たせる。
  • 公開:

“トレーニング量を増やして減量”はNG。松下▽流のダイエット術(松下▽さん)

Share

減量開始2週間目の成果は?

皆さん、こんにちは!  筋肉タレント/パーソナルトレーナー/スタイリッシュボディービルダーの松下▽(まつした・ぎゃくさんかっけい)です!

松下▽さんの筋肉

減量開始2週間目ですが、隠れていた腹筋達がお目見えしました!  食事についてはこちらの記事で紹介しましたが、今回は減量中のトレーニングボリュームについてお話しします!

「ダイエット」というと、トレーニングボリュームを極限まで増やして、消費カロリーをガッツリ稼ぐイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか? 結論から言うと、減量中のトレーニングボリュームは増やし過ぎず、むしろ少し減らすくらいが好ましいです!

理由は、、、

  1. 体内に栄養素が潤沢にあるわけではなく、疲労が蓄積しやすい
  2. 蓄積した疲労が怪我に繋がるリスクがある
  3. 疲労が蓄積すると身体が省エネモードに切り替わり、脂肪燃焼を非効率的にしてしまう
  4. 蓄えているエネルギーが少ない分、カタボリック(筋分解)がかなり起こりやすい

せっかく頑張ってるのにこんな事になっては水の泡ですよね。。 僕は敢えて高重量低回数のトレーニング日を増やし、少セット短時間で終わらせています! 減量中盤までは低重量高回数の日はあまり設けていません!

僕のことで言うと、軽い減量を始めて2週間。 腹筋や大胸筋のセパレートが見えてきたので順調です。脂質はそこそこ削っていますが、晩酌等は普段と変わらずしています。コンテストコンディションを作るわけではなく、ルックスの修正のための減量なので気楽にやっています!

  1. 食事(特に糖質)は過度に減らし過ぎない。
  2. トレーニング量は増やし過ぎず、減らすくらいのイメージ。

とにかく、これにつきます。最初から飛ばし過ぎると精神的に息切れしますし、脂肪減が停滞した時に打つ手がなくなってしまいます。 張り切って、頑張り過ぎないことをお勧めします! ぜひ参考にしてみてください!

今回も、撮影協力は僕がパーソナルトレーナーを務めるパーソナルトレーニングジム「エステフィット自由が丘」でした! Instagramもよろしくお願い致します!

「筋肉はカッコイイ▽」


Share