• 夏の「きのこ鍋」レシピは、免疫アップの新常識
FOOD
2020.08.02

夏の「きのこ鍋」レシピは、免疫アップの新常識

きのこ鍋

冷房漬けでカラダは冷えている。

休日も家で過ごすことが増え、歩くことすら極端に少なくなっている人は多い。運動不足は血の巡りが悪くなり、カラダに支障をきたすことも! さらに今年の夏は平年よりも0.5〜1.5度気温が高く、猛暑が予想されている。

一日中冷房漬け、冷たいものについ手が伸びてしまうなかで、気を付けるべきは「夏冷え」。血の巡りが悪化していることに加え、カラダが冷えることで免疫力の低下にも繫がる。

この不安な状況のなか、免疫機能を改善するためにも、カラダを温めることは重要。そこでぜひ食べてほしいのが「きのこ夏鍋」だ。運動しているならとりわけおすすめなのは「たっぷりきのこの担々鍋」。

バルクアップにも対応できます。

カラダを温めて免疫力を活性化するだけでなく、きのこに豊富なビタミンB群と豚肉が含むビタミンB1が三大栄養素の代謝を促し、エネルギーや筋肉づくりに役立つ。リカバリーにも効果的だ。バルクアップ中なら2倍量の豚挽き肉でタンパク質量を増やして、減量中なら豚挽き肉を鶏挽き肉に置き換えて低カロリーにすると◎。

きのこには現代人に不足しがちな食物繊維やビタミンミネラルも含まれており、1日100g(1パック)食べることが推奨されている。栄養豊富なきのこ鍋を食べて、猛暑を元気に乗り切ろう。

たっぷりきのこの担々鍋のつくり方

材料(4人分)

  • ブナシメジ…1袋(100g)
  • 白ブナシメジ…1袋(100g)
  • エリンギ…1袋(100g)
  • マイタケ…1袋(100g)
  • 豚挽き肉…200g
  • レタス…1/2個
  • ゴーヤ…1/4本
  • すりゴマ…大さじ2
  • 水…2カップ
  • A
    • すりおろし生姜…小さじ2
    • すりおろしニンニク…小さじ2
    • 豆板醬…小さじ2
    • 味噌…大さじ1
    • 醬油…大さじ1
    • 長ネギみじん切り…大さじ2

作り方

  1. ブナシメジ、白ブナシメジはV字カットで石突きを取る。エリンギは1cm幅の細切りに、マイタケはほぐす。
  2. レタスはざく切り、ゴーヤは縦半分に切って種を取り、スライスする。
  3. 豚挽き肉にAを混ぜる。
  4. 鍋に水と1を加えて熱し、温まったらレタスと3を鍋に入れて加熱する。全体に火が入ったら仕上げにゴーヤを加え、ひと煮立ちさせる。
きのこ鍋
きのこだしにはグルタミン酸だけでなく、昆布だしやかつおだしにはない旨味成分のグアニル酸も含まれており、満足度が高く、食べ過ぎも防ぐことができる。
長野県工業技術総合センター調べ

“巣ごもり夏冷え”チェックリスト

01

チェックリストで5個以上当てはまる場合は“巣ごもり夏冷え”傾向あり。適度な運動や部屋の温度調節を行い、温かい食事を心がけ、冷え対策を万全にしよう。

取材・文/長谷川希 取材協力/中村愛香(管理栄養士)

(初出『Tarzan』No.792・2020年7月22日発売)

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。