• 超人気ベーカリー「パンのペリカン」店長に聞いた、肩こり・腰痛克服法
CONDITIONING
2020.02.05

超人気ベーカリー「パンのペリカン」店長に聞いた、肩こり・腰痛克服法

「パンのペリカン」店長

肩、腰に特段負荷のかかるその道のプロたちは、どのようにその不安を克服しているのか。

超人気店の悩み。

食パンは500本ほど、ロールパンは3,000個以上が1日で完売することもある、浅草の〈パンのペリカン〉。嬉しい悲鳴と言うべきだが、店主の渡辺陸さんを筆頭に、スタッフの大半が腰痛持ち。

「工場の作業台がね…。台が高すぎると肩が凝りますが、低いと腰に来ます。ウチのは低いので、腰痛持ちが多いんです。姿勢矯正のコルセットを全員に配布してますが、なかなか克服は難しい」

毎晩、緩める!

勤務歴=腰痛歴9年の渡辺さん。事務作業など座業も増えた3年ほど前からギックリ腰を頻発。他のスタッフと同様、整体に通う。

「先生によれば、カラダが硬いのが原因みたい。下半身や背中など裏側の筋肉が硬くて、そのダメージが全て腰に来ているようです」

毎晩入浴後に腿裏や臀部を中心としたストレッチを10〜20分かけて行うのが日課。仕事中は手が空いたら腰の回旋運動をし、小麦粉の袋を持ち上げるときは腰を落とすよう心がけている。

「もっと多くのパンを作って多くの人に楽しんでほしい」という渡辺さん。腰の痛みと闘いながら、今日も美味しいパンを作る。

「パンのペリカン」店長のMY克服法。

1. 臀部から深くストレッチ。

「パンのペリカン」店長
胡坐の姿勢になり片方の脚を真横に伸ばす。曲げた方の膝の両脇に手をつき重心を移動。伸ばした脚の腿裏を弛緩。

2. 脚の裏側や臀部に効く。

「パンのペリカン」店長
ゴムバンドの両端を両手で握って仰向けに。バンドを片足に掛けたら天井に向けて伸ばし、その位置でバンドを引く。

3. 臀部をグイッと緩めます。

「パンのペリカン」店長
胡坐から片脚を立て太腿の横に足を置く。立てた脚を抱えるようにしながら上体をしっかり捻る。反対も同様に行う。

4. 最後はしっかりツイスト!

「パンのペリカン」店長
仰向けになり片手で逆側の足首を摑み、その足を伸ばした脚の膝の外側に置くイメージで引く。呼吸しながら行う。
PROFILE

渡辺陸(わたなべ・りく)1987年生まれ。〈パンのペリカン〉勤務歴9年。東京製菓学校を卒業後、店長に。学生時代は剣道や柔道に励んでいた。

取材・文/門上奈央 撮影/鈴木大喜

初出『Tarzan』No.780・2020年1月23日発売

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。

Special