• 今の私があるのは、鍛錬してきたお尻のおかげです|筋肉図鑑 vol.16(バックラインスタイリスト・宮河マヤ)
COLUMN
2020.01.07

今の私があるのは、鍛錬してきたお尻のおかげです|筋肉図鑑 vol.16(バックラインスタイリスト・宮河マヤ)

main

トレーニングの軌跡を偽りなく物語るもの、それが筋肉だ。『筋肉図鑑』では、さまざまなトレーニーの筋肉の裏側に迫ります。第16回は魅惑の美筋の持ち主、宮河マヤさん。

【今回の筋肉】宮河マヤ
宮河マヤ
身長170cm、体重53.5kg、体脂肪率16.5%、骨格筋量23.6kg。1990年生まれ。バックラインスタイリスト。幼少期からモデルとして活躍、現在はパーソナルトレーニングの指導をはじめ、イベントやセミナーなどを多数開催。インスタのフォロワー数はなんと28万人超。@maya_m0901。

今の私があるのは20歳から鍛錬してきたお尻のおかげです。お尻なくしてマヤ語れず! “バックライン(カラダの後ろ側)”の筋トレに注力するのは、後ろ姿は想像以上に人に見られているものだと思うからです。

8頭身の場合、全身における顔の比率は背面も含むと16分の1ですが、背中からお尻はそれ以上。ね、大事だと思いません?(笑)

宮河マヤさんの【臀筋群】
宮河マヤさんの【臀筋群】/「高さ、丸み、境目の3つを見ながら鍛えます。ヒップスラストが大好き」。筋肉と脂肪の黄金比を見極めつつ鍛える。

今でこそバックラインスタイリストとして活動してますが、昔はお尻がコンプレックスでした。6歳から続けてた水泳を16歳でやめたとき、カレーパンの大食い(MAX1日8個)などにハマり、2か月弱で体重が44kgから60kgに!

所属していたモデル事務所からもクビ宣告を受け“食べない”ダイエットに手を出した結果、急速にガリガリに痩せ細り、水泳で培った筋肉も失いました…。

ペタンコなお尻が特に気になり裾の長いトップスで隠してましたが、当時好きだった男の子に「お尻コンプレックスでしょ」と言われ、オーマイガッ!! その一言で火がつきジムに入会。今ではチャンスを与えてくれた彼にすごーく感謝してます。

宮河マヤさんの【広背筋&脊柱起立筋】
宮河マヤさんの【広背筋&脊柱起立筋】/ラットプルダウンなどで褐色脂肪細胞の活性化を狙う。「代謝も上がるので肩甲骨まわりは積極的に動かします!」。

私にとって筋トレは“四大欲求”の一つ(笑)。だから鍛える頻度や種目のルールは決めてません。ジムに行けない時は家で、重りがなければペットボトルで代用しちゃう(やらないよりずっといい)。そんなマインドが長続きする秘訣なのかも。

宮河マヤさんの【大腿四頭筋】
宮河マヤさんの【大腿四頭筋】/「走った時などに出てくる太腿の線。この“うっすら”具合がポイント」。スクワットをやるなら断然オーバーヘッド派!

運動と同じくらいストレッチなども丁寧にやってます。上質な筋肉ほど柔らかくてふわふわ! 女性らしいメリハリが大好きなので、家で動画を見る間もストレッチポールでずーっとコロコロしてるんです。

好きな服を着て、カロリーを気にせず大好物を楽しく食べる人生を送りたい。それにおばあちゃんになっても自分の足でいろんな所に行きたい!…と考えると、鍛えない理由はないなって思うんですよね。

取材・文/門上奈央 撮影/角戸菜摘

初出『Tarzan』No.779・2020年1月4日発売

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。

メンバーシッププログラムSTART! CLUB Tarzan

Special