• ランニングで体脂肪を燃焼させるには「時速7km」でいいのです
RUN
2019.11.04

ランニングで体脂肪を燃焼させるには「時速7km」でいいのです

191102_775-33

初めから走り続けなくても、歩く⇒走るの連続でいい。足を止めなければ体脂肪燃焼は続く。

歩く速さが時速7kmを超えると、滑走していた飛行機がふわりとテイクオフするように、両足が地面から離れる瞬間が訪れる。時速7km以上になると、歩くより、アキレス腱のバネを活かして跳んだ方がより少ないエネルギーで移動できる。だから、歩行からランへのシフトが起こる。

時速7kmを超えたら、速歩のときと同じように、息が上がらない範囲で段階的に走るペースを上げる。速歩からランへテイクオフしても、しばらく走っているとしんどく感じるタイミングがある。そこで完全に足を止めるのではなく、速歩にスイッチしてみる。ちょっとすると呼吸が落ち着いて楽になり、またランへとテイクオフできる。このようにして走る⇒歩く⇒走る⇒歩く…を繰り返そう。

いざとなったら歩けると思うと気が楽。足さえ止めなければ、体脂肪燃焼はノンストップで続く。

PROFILE
中野ジェームズ修一
中野ジェームズ修一さん/スポーツモチベーションCLUB100最高技術責任者。青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化を担当するなど、ランニングのスペシャリストでもある。

取材・文/井上健二 撮影/山城健朗 スタイリスト/高島聖子 ヘア&メイク/天野誠吾

(初出『Tarzan』No.775・2019年10月24日発売)

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。

メンバーシッププログラムSTART! CLUB Tarzan

Special