• 昼寝できる空間を車でデリバリー! 寝不足のビジネスパーソンを救う、日本初のサービスが登場
CONDITIONING
2019.09.12

昼寝できる空間を車でデリバリー! 寝不足のビジネスパーソンを救う、日本初のサービスが登場

20190909rm_top_45A0194

日本のビジネスパーソンの多くが抱える悩みといえば、慢性的な睡眠不足。昼休みなどを利用して仮眠をとるにも、寝る場所の確保がまた難しい。そんな睡眠にまつわる働き盛り世代の悩みを解決する画期的なサービスが誕生。その名も〈ぐぅ~すCAR お昼寝デリバリー〉!

寝不足のビジネスパーソンをコアラが救う?

食事・運動・睡眠が健康のキホン。ただ仕事や趣味などに精力的な人ほど、犠牲にしてしまいがちなのが睡眠ではないだろうか。睡眠不足が続けば、週末の寝だめなどでは解消できない睡眠負債となり、生活習慣病などのリスクも高まる。上質な睡眠を取る時間を毎日少しずつ増やすことが、地道ながら確かなアプローチだ。

そこで『ターザン』本誌でも度々提案しているのが短時間の仮眠をとる“パワーナップ”。日中に15〜30分程度眠ることが、疲労回復や作業のパフォーマンス向上につながる。しかし現実問題、職場のデスクに伏せて寝るのは結構勇気がいるし、電車で寝るにも限界がある。

そんな悩めるビジネスパーソンにぴったりなのが、寝具メーカー〈Koala Sleep Japan〉がプロデュースするサービス、〈ぐぅ~すCAR お昼寝デリバリー〉なのだ。

コアラの愛らしい耳と鼻が目印の〈ぐぅ〜すCAR〉
コアラの愛らしい耳と鼻が目印の〈ぐぅ〜すCAR〉。ちなみに、道路交通法違反になるため街中を走るときはコアラパーツ(耳・鼻)は外します。

寝心地最高の“寝室”をデリバリー。

セミダブルマットレスを搭載する、寝心地の良さをとことん追求した移動車でのパワーナップを提供するという前代未聞の本サービス。

「上質な睡眠の条件は、寝つきの良さと深く眠れることです」と語るのはPR担当の恵古涼夏さん。車内に導入された《コアラ・マットレス》は、低反発・高反発素材を組み合わせた2層構造となっており、柔らかな上層部は寝付きの良さを、硬めの下層は腰に負担をかけない絶妙な寝心地を実現。

「でも車内という環境で寝る以上、マットレスにこだわるだけでは正直足りないと思いました」(恵古さん)。

そこで〈ぐぅ〜すCAR〉での上質な睡眠を叶えるべく取り入れたのが、五感へのアプローチだ。

五感へのアプローチが快眠に導く。

実際に体験させていただいた筆者カドカミ。車内に入って「部屋みたい!」とびっくり。内装に木材が使われているほか、観葉植物も随所に飾られており、まるでウッドキャビンのような空間。また車内にほのかに香る、ヒノキとユーカリなどをブレンドしたアロマに癒される。

木材が基調とされた車内は温かみのある雰囲気
木材が基調とされた車内は温かみのある雰囲気。天井もそこまで低くなく、マットレスにごろんと寝たときに閉塞感が一切ないのが最高。

さあ、マットレスにダイブ! 手足を広々伸ばせる上にもっちりした弾力感が幸せ。

軽いのに保温効果バツグンのブランケットを首までかぶり、寝る気満々の筆者カドカミ
軽いのに保温効果バツグンのブランケットを首までかぶり、寝る気満々の筆者カドカミ。手足を曲げても壁に当たらないマットレスの大きさに感動。

入眠前には車内に設置された安眠用イヤープラグ《BOSE NOISE-MASKING SLEEPBUDS™》を装着。超小型イヤピースに内蔵されたヒーリングサウンドが外界の音をマスキングするという。

BOSE NOISE-MASKING SLEEPBUDS
完全な無音状態もかえって落ち着かないもの。このイヤープラグは外界の音を程よい塩梅でマスキング。遠くでうっすら聞こえる程度で、入眠を妨げない。

超ふわふわなオーガニックコットン使用のタオルケットを掛けて、いよいよ就寝…の前に、アイスコーヒーを勧められる。いったい、なぜ?

「カフェインの効果が出るのは15〜20分後。睡眠前に飲んでいただくと、すっきり目覚めていただけるんです」(恵古さん)。

コーヒー専門店〈SINGLE O〉の一杯
オーストラリア・シドニーに本店を構え、東京・両国にもロースタリーがあるコーヒー専門店〈SINGLE O〉の一杯を飲み終えたら、おやすみなさい…。

ひと眠りした後のおめざは、濃縮還元果汁を使用したヘルシーなスムージー。

〈イノセント〉のスムージー
〈イノセント〉のスムージーは3種類の味が揃う(おおまじめストロベリー、やんごとなきマンゴー、ゴージャスグリーン)。会社に持ち帰ってもOKだ。

至れり尽くせりの約30分間が過ぎると、カラダの爽快感はもちろん、メンタル的にもかなりリフレッシュできる。これぞ〈ぐぅ〜すCAR〉の醍醐味だ!

ほかにも快眠の秘訣はたくさん。車内にはおしぼりやアイマスクなども設置されているほか、毎回取り替えられる寝具はサラサラの肌触りで清潔。行き届いた心配りにアッパレです。

実際に利用したビジネスパーソンの感想は?

現在は企業向けに提供されている〈ぐぅ~すCAR お昼寝デリバリー〉。導入企業に勤務している丹羽なおかさんは、「パワーナップって侮れない!」と感じたそう。

丹羽なおかさん
普段の平均睡眠時間は6時間半だという丹羽なおかさん。今実践している睡眠の質を高めるための習慣は、睡眠前にカモミールティーなどのノンカフェインのホットドリンクを飲むこと。

「利用後はカラダが軽いし、頭もスッキリして、作業がはかどりました」(丹羽さん)。

基本的に業務中に仮眠を取ることはないという丹羽さん。しかし、ブレインストーミングなどのパソコンを使わない作業を“寝転んで行いたい”と思うことはしばしばあったという。

「職場が都心部にあり、長時間コンクリートに囲まれた環境にいるためか、ナチュラルなムードの車内に入るとすごくリラックスできます。都会にいるのを忘れられる。アロマの香りもすごくお気に入りです」(丹羽さん)

働き方改革がうたわれる今、仕事中の休養の取り方もポジティブに見直したい。もの〈ぐぅ~すCAR〉がその救世主となる予感。ココは一つ、人事や総務の人に提案してみるのもアリかも!

INFORMATION

現在は企業向けに展開されている本サービス。しかし、今月22・23日(日、祝・月)の2日間限定で、コアラ・マットレスの体験会と銘打って〈ぐぅ〜すCAR〉が恵比寿に出動することが決定! ココは一つ、極上のパワーナップを体感しに行って、人事や総務の人に提案してみるのもありかも!

【一般向け体験会】

日時:9月22日(日)、23 日(祝・月)

場所:東京都渋谷区恵比寿南1-20-9さくらビル 恵比寿南

アクセス:JR山手線、埼京線、湘南新宿ライン、東京メトロ日比谷線、恵比寿駅より徒歩5分

https://jp.koala.com/nap-car

取材・文/門上奈央 撮影/石原敦志

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。

ここにエラー文言が入りますなりゆきですここにエラー文言が入35文字以内

ご登録いただくと、弊社のプライバシーポリシーとメールマガジンの配信に同意したことになります

完了

ご登録ありがとうございます。