健康診断前日の筋トレはNG。
3ステップで「骨盤が原因の腰痛」を改善。
ハードに運動したいなら、HIIT上級編に挑戦だ!
鍛えられた肉体美を眺めて、自らを奮い立たせる。
骨盤を意識したウォーキングで腹を絞ろう。
運動不足なら、この6種目で筋量低下にブレーキを。
ダンベルを使いまくる王道19種目。
【女性向け】6種の簡単筋トレでスタイルアップ!
  • 公開:

クリニックでやるか、セルフでやるか。男のムダ毛処理の長所と短所

Share

ヒゲ剃りと一緒にしてはいけない。

ムダ毛を手入れしようと思ったら、大抵の男性は普段ヒゲ剃りで使うT字カミソリを手にしがち。しかしこれ、非効率でリスクも大きいのだ。

「T字カミソリは長い毛を事前にカットする必要がありますし、肌を傷つけやすくてチクチクした毛が生えてきやすい。またちゃんとアフターケアをしないと肌荒れの原因になる。一見手軽そうですが顔剃りと同じようにはいかず、指の細い毛や、肌が丈夫な人にしか向きません。カミソリを使うなら肌を傷つけないトリマータイプがいいでしょう」

そう話すのは男性美容研究家の藤村岳さん。ムダ毛ケアは男性でも必要だが、極力刺激を与えないのが一番。例えば除毛クリームは毛の中のケラチンという成分を溶かす仕組みだが、なるべく肌に優しい成分のものを選びたいもの。そしてもうひとつ、電動ボディトリマーをおすすめしたいと藤村さんは主張する。

ボディトリマーが“コスパ”よし。

「各メーカーからボディトリマーが出ていますが、1mm単位で長さを調節できるアタッチメントが付属するなど、細かい処理が可能なのがポイントです。脚や上半身など毛の長さがまちまちで剃る面積が広い部位には最適ですし、肌も傷つけにくい」と藤村さん。

「初期費用は多少かかるとはいえ、使いやすさと効果、長期的なコストパフォーマンスを鑑みるとトリマーを導入した方がベターです」

クリニック・サロンの、長所と短所。

そしてもうひとつの選択肢が美容クリニックやサロン。当然費用はかかるが、何より手間いらずだし、プロの施術なので効果が期待できる。下に示したメリット、デメリットをふまえて相談するといいだろう。

「毛が生えることは決して悪いことではなく、男性のひとつの個性です。今は日本の流行も脱毛に寄りがちですが、いずれ価値観が変わる可能性もある。なのでレーザー脱毛を受ける場合も完全脱毛ではなく、減毛する程度に留めておけば将来また毛を自在にデザインできるわけです。剃毛も脱毛も、ムダ毛をアレンジすることを念頭に置きましょう」。

自宅と美容クリニックと美容サロン、それぞれの長所と短所
教えてくれたひと

藤村 岳(ふじむら・がく)/1973年生まれ。独自の理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして各方面で活躍する男性美容研究家。

取材・文/黒田創

(初出『Tarzan』No.768・2019年7月11日発売)

Share