衰え知らずのバストをつくる!
はじめてのジムトレに。60分でできるマシン+有酸素運動。
“膝パカパカ”でヒップのサイドラインを整える。
まずは筋肥大しやすい部位TOP5から鍛えよう。
良い悪いってどういうこと?「代謝の正体」を学ぶQ&A。
腹を割るなら食事から!8つのルールを守ろう。
冷えや便秘、不眠まで。ありがち不調に効く7つのツボ。
ジムで徹底的に美尻を磨き上げる。
  • 公開:

タンパク質はまとめて摂取してもいい?|現役ビルダー監修、本気で鍛える人の食事の悩み相談室(3)

ジャガー佐藤さん/1979年生まれ。THINKフィットネスGGPサプリメント開発主任、ボディビルダー。2011〜2015年、日本クラス別ボディビル選手権優勝。2012〜2016年、日本ボディビル選手権連続入賞中で2016年は5位。

ジムで突撃取材を実施して、本気トレーニーたちの疑問を収集。そこで挙がった11項目。素朴な悩みから超マニアックな質問まで、全てまとめてレジェンド・ビルダーに答えてもらいました。3つめの相談は、タンパク質はまとめて摂取してもいいかというお悩みです。

Share

Q. タンパク質、1食でまとめて摂取してもいい?

一度の食事で60gを目安に、3食で180gを目標にタンパク質を摂取しています。仕事が忙しいときは1日の180gを1食でまとめて摂ってしまうのですが、ちゃんと吸収されているか心配です。(トレーニング歴13年・33歳・男性)

一度の食事でのタンパク質吸収量は、20gを上限に、それ以上は吸収効率が悪くなるというのが定説です。

180gのタンパク質を摂るならば、20gを9回に分けるのが理論上の理想ではありますが、継続できなければ意味がないので、囚われ過ぎるのもよくないでしょう。絶対量の確保を優先して、なるべく食事回数を小分けにするのが現実的。

ただし、1日1食というのはどう考えてもダメ。忙しいのはわかりますが、まずは生活の見直しを。

取材・文/神津文人 撮影/大嶋千尋 撮影協力/ゴールドジム イースト東京

(初出『Tarzan』No.726・2017年9月14日)

Share