• 内ももに刺激を入れて脚線美ラインを整える「ワイドスクワット」|キレイをつくる自宅トレvol.14
WOMAN
2019.03.10

内ももに刺激を入れて脚線美ラインを整える「ワイドスクワット」|キレイをつくる自宅トレvol.14

内ももに刺激を入れて脚線美ラインを整える「ワイドスクワット」|キレイをつくる自宅トレvol.14

「キレイをつくる」をテーマに、自宅でできる様々な自体重トレーニングを紹介していく当企画。今回は「脚」のトレーニング。下半身の主要な筋肉をくまなく鍛えられるのがスクワットでしたが、ここではスタンスを広くしたワイドスクワットを。特に内転筋にフォーカスされて、スラリとして美脚に近づけます。

O脚改善にも効果的!

今回のトレーニングは「ワイドスクワット」。両足を肩幅よりも大きく開いて深く沈み込むエクササイズです。脚のなかでも特に内腿の筋肉を鍛えることができ、O脚改善にも効果的。内転筋をしっかりストレッチするために、膝が直角になるまで深く沈みましょう。

応用編はペットボトルを振り子のようにスイングし、遠心力を使ってスクワットを行います。振り上げたときにピタリと止まれるよう、お尻と内腿にキュッと力を入れて。脚の間の隙間が目立たなくなり、スラリとした美脚が手に入ります。

基本編:ワイドスクワット

両足を肩幅の1.5倍程度に開き、爪先を45度外側に向ける。両腕は肩の高さで組む。お尻を後ろに引くようにゆっくりと両膝を曲げ、膝の角度が90度になるまで腰を落とす。このとき、爪先と膝が同じ方向を向いているか確認を。20回。

20190214rm_180919kt049
original_yajirushi-4
20190214rm_180919kt050

応用編:ペットボトルスイング

両足を肩幅の1.5倍程度に開き、爪先を45度外側に向ける。両膝を曲げて腰を深く落とし、両手でペットボトルを縦方向に持つ。両膝を伸ばすと同時にペットボトルを振り上げ、お腹と内腿をキュッと締める。腰への負担を減らすためにお腹にも力を入れておこう。20回。

20190214rm_180919kt051
original_yajirushi-4
20190214rm_180919kt052

教えてくれた人

profile_mayumi-hata-11-4
羽田真弓さん(はた・まゆみ)/1987年生まれ、早稲田大学大学院修了。西麻布にあるプライベートジム〈デポルターレクラブ〉に所属するパーソナルトレーナー。小学校2年生から新体操を始め、高校時代には東北大会個人総合優勝、インターハイ4位、国民体育大会4位などの成績をおさめる。早稲田大学大学院ではコーチングについて学び、新体操指導者として活動。心身の健康について興味を持ち、スポーツ業界へ。〈デポルターレクラブ〉ではピラティスの指導も行っている。

取材・文/黒澤祐美 撮影/角戸菜摘

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。

雑誌『ターザン』761号

ここにエラー文言が入りますなりゆきですここにエラー文言が入35文字以内

ご登録いただくと、弊社のプライバシーポリシーとメールマガジンの配信に同意したことになります

完了

ご登録ありがとうございます。

「脱げるカラダ2019」読者オーディション、申込受付開始!

Special

雑誌『ターザン』761号