• キムチにこだわって作る! 野菜たっぷりビビンパ|週末リセットブランチ vol.10
WOMAN
2018.12.21

キムチにこだわって作る! 野菜たっぷりビビンパ|週末リセットブランチ vol.10

20181025rm_30233TOP

トレーナー&管理栄養士として活躍する河村玲子さんが、お疲れぎみの女性にぴったりなレシピを紹介! 今回は野菜たっぷりで必要な栄養素が摂れるビビンパ。キムチの選び方には、こだわりたいポイントがありますよ。

仕事のおつきあいの会食にデートに週末の女子会に。パプリックでもプライベートでも、日々忙しい女性たち。でも疲れた顔や元気のないオーラを引きずるのは禁物。その週の疲れを翌週まで持ちこさないのが、賢い女性の条件です。

週末はちょっとだけ寝坊して、キレイと健康のためのブランチをホームメイド。美味しく食べて、カラダをリセットしましょう!

野菜たっぷりボリューム満点ブランチ

編集部 今週はビビンバ! 最近の【週末リセットブランチ】、世界の料理ショーみたいになってきました! あれ? ビビンバ? ビビンパ? どっちでしたっけ。

河村 どちらでも。ピビンパと言ったり、ピビンバとも言うみたいです。

編集部 うわぁ、紛らわしい! ビビンパで統一します! でも、韓国の料理というと真っ先に焼肉を連想しますけど、実は野菜たっぷりメニューが多いんですよね。このビビンパみたいに。

河村 そうなんです。大豆もやしや人参、ほうれん草、野菜がたっぷり摂れます。大豆もやしからは代謝を促すビタミンB1人参やほうれん草からは抗酸化作用が期待できるβ-カロテンが補給できますよ。

編集部 そしてお肉は、やっぱり牛肉ですね!

河村 牛肉の赤身のひき肉を使っています。赤身肉には鉄や亜鉛が豊富です。

編集部 アクセントには、もちろんキムチ!

河村 ただし、スーパーなどでキムチを買うときには注意してくださいね。甘みを出すために、果糖ぶどう糖液糖が含まれているものがありますから。

編集部 老化を早める“糖化”の原因になるかもってアレですね! 大丈夫です、ラベルチェックしたら入ってませんでした。では安心して、温玉を割って、匙で混ぜ混ぜして、いただきま〜す!

野菜たっぷりビビンパのレシピ

食材(1人分)

20181025rm_30199
  • ご飯…130g
  • 大豆もやし…1/5袋
  • 人参…1/8本
  • ほうれん草…1~2株
  • Aごま油…小さじ1
  • A顆粒中華だし…小さじ1/4
  • A白炒りごま…小さじ1/4
  • A塩…少々
  • B醤油…小さじ1.5
  • Bみりん…小さじ1
  • B砂糖…小さじ1/2
  • Bおろし生姜…小さじ1/4
  • 牛ひき肉(赤身)…60g
  • 椎茸…1個
  • 温泉卵…1個
  • キムチ…適量
  • コチュジャン…適量

作り方

  1. 人参は千切りに、ほうれん草は3cmの長さにざく切りする。
  2. 大き目の鍋に塩と水を入れて沸騰させ、人参、ほうれん草、大豆もやしの順に入れていく。 茹で上がったらざるにあげ、水気をしっかり切る。
  3. Bを混ぜ合わせ、(2)の野菜を入れてよく和える。
  4. しいたけを薄くスライスしたのち、4等分に切る。Aを合わせる。
  5. 熱したフライパンに牛ひき肉を入れて炒め、脂が出てきたらしいたけを加えてさらに炒める。
  6. Bを加えて水気がなくなるまで炒める。
  7. 器にご飯をよそい、(3)のナムル(4)の牛そぼろ、キムチ、温泉卵をバランスよく乗せる。
  8. コチュジャンを添える。


完成!

20181025rm_30223
カロリータンパク質脂質糖質
489kcal27g13g62g

教えてくれた人

20181015rm_kawamurasensei_womanfood1789-9

河村玲子さん

パーソナル管理栄養士トレーナー。ティップネス アスリート 支援事業 管理栄養士。2013年よりトレーナーとしての活動をスタート。栄養の知識とカナダへ渡り、北米のダイエットビジネスを視察した経験を生かし、運動と食事の両輪をカバーする質の高いセッションを提供。

バックナンバー


取材・文/石飛カノ 撮影/大嶋千尋

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。

雑誌『ターザン』756号

ここにエラー文言が入りますなりゆきですここにエラー文言が入35文字以内

ご登録いただくと、弊社のプライバシーポリシーとメールマガジンの配信に同意したことになります

完了

ご登録ありがとうございます。

雑誌『ターザン』756号
雑誌『ターザン』756号