• 固まりがちな股関節は「ワイパーの動き」でリリース!|寝ながらトレ vol.3
TRAINING
2018.10.10

固まりがちな股関節は「ワイパーの動き」でリリース!|寝ながらトレ vol.3

20181010rm_20181001_rm_15.

『ターザン』編集部員がベッドの上でのエクササイズを実践して紹介する「寝ながらトレ」。省スペース&時短で、誰でも簡単に試せます。今回のテーマは「股関節まわり」。初級、中級、上級と3つのレベルをご紹介するので、出来そうなレベルをチョイス。もちろん初級から上級までやってもOK。3つやっても3分ほどで、さくっと終わります。

バックナンバー

歩行の姿勢が安定しない、スポーツやトレーニングの効果が出ない。それはもしや、股関節が固まりがちで、脚の付け根を捻じる動きに支障が出ているせいかもしれません。

今回の寝ながらトレは、ワイパーのような動きで梨状筋や小殿筋といった、股関節まわりの細かい深層筋群を目覚めさせるのでヨロシク!

初級

目覚めたら、おもむろに仰向けになり、両脚を広めに開く。そのまま脚の付け根から内外に回旋させ(内外に捻って)、足の爪先をできるだけ大きく開閉。10〜15往復。

20181010rm_20181001_rm_11.

中級

上体をむくっと起こして両手をカラダの後ろでつく。やはり脚の付け根から内外に回旋させて、爪先を大きく開閉。上体を起こしたぶん、不安定になり難度が上がる。10〜15往復。

20181010rm_20181001_rm_12.

上級

最後は同じ座り姿勢で両膝を立て、左右交互に膝を倒す。ベッドに膝をできるだけ近づけること。あくまでリズミカルに。膝を立てることで、股関節の動きがよりダイナミックになる。10〜15往復。

20181010rm_20181001_rm_13.

腰の横が伸びて、 朝一番から気持ちいい!

20181010rm_20181001_rm_14.

「初級・中級のリズミカルな動きも、起き抜けのカラダとアタマに心地よいのですが、バチっと目が覚めるのは上級から。腰の横が徐々に、ほどよく延ばされて気持ちいい〜んです。上半身はなるべく動かさないのがコツですよ」

wed_20171101_pb

監修/齊藤邦秀 取材・文/石飛カノ 撮影/大嶋千尋

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。

雑誌『ターザン』770号

ここにエラー文言が入りますなりゆきですここにエラー文言が入35文字以内

ご登録いただくと、弊社のプライバシーポリシーとメールマガジンの配信に同意したことになります

完了

ご登録ありがとうございます。

雑誌『ターザン』770号