ハードに運動したいなら、HIIT上級編に挑戦だ!
はじめてHIITをするなら【初級編】を!
正しい体幹トレは「呼吸」から。
ジムで徹底的に「腕」を追い込んでみる。
「有酸素×筋トレ」のメソッドで免疫力アップ
筋トレ前のストレッチはこの4種目を!
お風呂タイムを活用してカロリー消費!
健康診断前日の筋トレはNG。
  • 公開:

オフィスやレース遠征先でも使えそう。スマホサイズのマッサージガン

〈Dr.stretch〉監修のマッサージガン《コンパクトリリースガン》の使用イメージ

ストレッチ専門店〈Dr.stretch〉が監修する、スマホサイズのマッサージガン《コンパクトリリースガン》が発売。普段使いはもちろん、トレランなどレース遠征などにも持ち運びやすいアイテムになりそうだ。

Share

ポケットサイズでどこでもリリース

最近、よく耳にする筋膜。簡単に言えば筋肉をはじめとするさまざまな器官を包んでいる膜で、骨や筋肉とともカラダを支持していることから「第二の骨格」とも呼ばれている。よじれたり、寄って固くなってしまうとカラダの動きも悪くなる。

ゆえに、出かける前に服にアイロンをかけるように普段から丁寧に扱いたい。そんな筋膜ケアの強力な武器となるのがマッサージガンだ。マッサージガンならおおよそカラダに当てるだけで、簡単に効果的なマッサージができる。

今回登場したのは、ちっちゃなマッサージガン。筋肉の深層筋にアプローチする独自の技術「コアバランスストレッチ」で数多くのアスリートもサポートするストレッチ専門店〈Dr.stretch〉のノウハウが詰まったモデル《コンパクトリリースガン》は、重さがわずか225gと従来のマッサージガンと比べかなりの軽量化がなされている。

《Dr.stretch監修 コンパクトリリースガン》の製品画像

《Dr.stretch監修 コンパクトリリースガン》サイズ:(約)幅128×奥行35×高さ89mm。振動速度:550回転、1500回転、2400回転、2800回転/分。13,800円。

なにしろスマホサイズなので、職場はもちろん長時間のクルマの運転や、トレランやトライアスロンなどレース遠征などに携行でき、時と場合によらず筋膜マッサージが行えるというわけ。

部位に応じて使い分けるアタッチメントは、マッサージが難しい肘・肩・膝など骨ばった関節部位をほぐす「カップ型」をはじめ、痛みやコリが気になる部分をピンポイントでケアする「ポイント型」、デコルテ部分や首筋の胸鎖乳突筋等をほぐす「ダブルヘッド型」の3種類。

《Dr.stretch監修 コンパクトリリースガン》の使用例イメージ

長時間のクルマの運転をする時に凝りやすい腰方形筋(写真左)や梨状筋(同・右)はピンポイント型で。僧帽筋はアタッチメントなしでマッサージ。

《Dr.stretch監修 コンパクトリリースガン》の使用例イメージ

現代人の宿命ともいえるスマホやPC使用からくる不良姿勢には大胸筋や頭板状筋をマッサージ。アタッチメントはダブルヘッド型がおすすめ。

《Dr.stretch監修 コンパクトリリースガン》の使用例イメージ

ゴルフをする場合には脊柱起立筋や体側のマッサージにダブルヘッド型、またアタッチメントをつけずに腸腰筋にアプローチ。

《Dr.stretch監修 コンパクトリリースガン》の使用例イメージ

デスクワークや乗り物の長時間移動などで同じ姿勢で長くいる場合にはヒラメ筋や足底筋にはピンポイント型、前脛骨筋や腓骨筋にはカップ型が有効。

首、腕、脚など23種類の筋肉に応じた活用法がわかるガイドブックも付属しているので、マッサージガン入門機としても良さそうだ。振動速度は、550回転/分から2800回転/分まで4段階。10分間のオートタイマー機能を備えているので、筋膜マッサージのやりすぎを防ぐこともできる。

ストレッチ専門店が手がける、その“筋”のモノ。快適なカラダ作りに通じておきたい。

INFORMATION

nobitel Store

公式サイト

文/本田賢一朗

Share