肩甲骨の「クセ」を正して肩こりを改善!
肩こり予防でアプローチすべきは肩“じゃない”。
3ステップで「骨盤が原因の腰痛」を改善。
「肩甲骨と背骨」を整えて、上半身トレを効率的に!
3ステップ10分で背中の凝りを解消しよう。
健康診断前日の筋トレはNG。
体脂肪率25%以上なら、まずは速歩&筋トレ。
週2日の筋トレで腕は太くなる。
  • 公開:

目元のシワ、たるみ・ほうれい線を改善する【悩み別・顔と頭の筋膜ケア】

筋膜ケア 筋膜リリース

筋膜をケアするなら顔や頭も忘れずに行いたい。顔まわりは筋膜のヨレがシワやたるみに直結する。いつでもできる簡単メソッドで気になる悩みを即解消しよう! 今回は、顔の上半分=上半身の筋膜ケアを紹介。

Share

木村祐介さん 筋膜ケア パーソナルフェイストレーナー、身体調律家木村祐介さん

教えてくれた人

きむら・ゆうすけ/1984年生まれ。パーソナルフェイストレーナー、身体調律家。〈六本木ネイチャーボディハウス〉と京都で対面、オンライン指導を行う。著書に『世界一効く 美顔づくりの教科書 たるみもシワも総消し!』など。

顔の上半身の筋膜ケアで精悍な顔立ちに

マスク着用中も露わになる顔の上半身が相手に与えるインパクトは大きい。しかし、目を酷使する機会が多い現代人はものを見る時の使い方に癖があるケースが多々。頭の筋膜に連なる部分でもあるため意識的にこのエリアのヨレを整え、精悍な顔立ちに。

頭と顔の筋膜
筋膜ケア 頭と顔の筋膜

顔は表情筋と皮膚の間、すなわち浅層にしか筋膜がなく、ヨレが顔のシワやたるみに直結。表情筋の土台となり連動する広頸筋も併せて、筋膜を整えよう。一方、頭には浅層と骨と筋肉の間(深層)に筋膜があり、2層の乱れが凝りに。表情筋に連なる前頭部からほぐしていくことが大切。

悩み① おでこのシワ

おでこは面積が広い分、左右に広がるシワは目立ちやすい。前頭部の中心から左右に向けて筋膜を引き伸ばそう。おでこをざっくり3分割してリリース。

おでこのシワを解消する筋膜ケア 筋膜リリース

両手の人差し指以外を軽く握り、人差し指は第1関節と第2関節を曲げておく。おでこの中心に両人差し指を当て、圧をかけながらおでこの両端まで、ゆっくり5秒かけ動かす。場所を変え同様に。各1回。

悩み② 眉間のシワ

眉間のシワは眉の上にある皺眉筋が凝り固まっていることが原因。片側の皺眉筋を押さえたまま目と口を逆方向に引き、シワがこれ以上深くならないように対策。

眉間のシワを解消する筋膜ケア 筋膜リリース

片手の人差し指以外を軽く握り、人差し指は第1関節と第2関節を曲げて眉上を押さえる。口を唇の両端をすぼめた「お」の形にしたら、唇と目線を逆方向に動かして5秒間キープ。逆側も。左右各2回。

悩み③ ほうれい線

頰や口元が下がりほうれい線が目立つと、実年齢より老けて見えることも。頰の片側に指を掛けてほうれい線を消し、唇を逆方向に動かして張りを取り戻そう。

ほうれい線を解消する筋膜ケア 筋膜リリース

人差し指と親指で丸を作り、他の指も曲げたら頰に当ててほうれい線が消える位置で固定。口を唇の両端をすぼめた「お」の形にし、唇と目を逆方向に動かして5秒間キープ。逆側も同様に。左右各2回。

悩み④ 鼻横のほうれい線

マスク生活で、唇まわりの上唇鼻翼挙筋や口角挙筋などを使い大きな表情を作ることが増えると、鼻横のほうれい線が深まりやすい。特化した筋膜ケアを。

鼻横のほうれい線を解消する筋膜ケア 筋膜リリース

目と目の間の鼻筋を逆手で押さえ、鼻横のほうれい線が消える位置で固定。口を「お」の形にしたら逆方向に動かして5秒間キープ。鼻横のシワがない状態を保ったまま口を元に戻す。逆側も同様に。左右各2回。

悩み⑤ 目尻のシワ

加齢とともに目の周りを囲む眼輪筋が衰えると、目尻のシワも目立ちやすくなる。指で目尻のシワを伸ばしながら唇を斜め下に引き、きりっとした目元に。

目尻のシワを解消する筋膜ケア 筋膜リリース

片目の目尻のシワを両手の指で上下に引っ張り、シワが消える位置で固定。口を「お」の形にしたら逆方向に動かし5秒間キープ。口を元の位置に戻したり、指を離す時もテンションを抜かない。逆側も同様に。左右各2回。

悩み⑥ まぶたのたるみ

スマホを見る時などに顎を引き上目遣いで見る癖があると、まぶたがたるみがち。眼球の毛様体筋などを活性化させる本メソッドは歯を嚙み締めたまま行うと◎。

まぶたのたるみを解消する筋膜ケア 筋膜リリース

片手を親指を突き立てた“グッド”の形にし、腕を顔の前に伸ばす。親指を両目で見たまま、顔を左右・上下・斜め上から斜め下(左右両方)に顔を動かす。一瞬たりとも目線を外さないように集中。各方向3回ずつ行う。


顔、頭の筋膜ケアであの日の自分を取り戻せ!

悩ましい老け顔や重い頭は筋膜のヨレが原因かも。パーソナルフェイストレーナーの木村祐介さんは語る。

「顔の中で最も自由に動かせるのは唇です。ただ、日本語はあ・い・えなど口角を横に引いて発音する単語が多く、表情筋は頭や首などの筋肉と縦方向に連なるため、口を横に動かすと筋膜がヨレやすいのです。またマスク生活では普段より顔を大きく動かして表情を作るため、その結果たるみが生じるケースも。一方、頭はカラダの背面を覆う筋膜との関連もあり、悪姿勢が原因で筋膜にトラブルがある人も少なくないです」

こうして筋膜の張りを失うと顔や頭の悩みに直結。だからこそ“アイロンがけ”が必要だという木村さん。

「筋肉の位置関係上、顔は鼻より上と下に分けると効率的。毎日でなくとも週1回網羅的に行うだけでも改善します。筋膜の張りを取り戻し体感や見栄えを整えましょう」

取材・文/門上奈央 撮影/小川朋央 ヘア&メイク/村田真弓 監修/木村祐介

初出『Tarzan』No.830・2022年3月24日発売

Share