カラダの背面を鍛えるなら、ブリッジはいかが?
3ステップで「骨盤が原因の腰痛」を改善。
プッシュアップに慣れたら、強度を上げてみよう!
肩こり予防でアプローチすべきは肩“じゃない”。
はじめてHIITをするなら【初級編】を!
空腹でランニングした方が痩せやすい?
運動不足なら、この6種目で筋量低下にブレーキを。
寝る前のストレッチで、疲れを解消。
  • 公開:

筋膜ケアで愛犬の健康寿命も延びるらしい

動物と筋膜ケア

知れば知るほど奥深き、筋膜の世界。筋膜のケアというと人間だけのものという思い込みがあるが、実はそうではない。動物の筋膜ケアが、ペットの健康寿命、競走馬のコンディショニングにも一役買っていた?

Share

動物専用の筋膜ケアの機器がある

筋膜ケアは人間だけのもの? そんなことはない。全身に筋膜が張り巡らされているのは脊椎動物に共通。つまり犬や猫などのペットたちも筋膜の乱れからカラダの不調を引き起こす可能性が十分にあるのだ。そこに目をつけたのが〈MJカンパニー〉。

ペットの筋膜を気持ちよくリリース
動物と筋膜ケア ペットも筋膜ケア

皮膚を吸引することで皮膚と筋肉の間にスペースを作り、筋膜を正常な状態に戻す。ケガや高齢化で動きが鈍ったペットに有効だという。力を抑えた吸引が気持ちよさそうで、今回体験したクララちゃん(10歳)もこの表情。

2019年にリリースし、動物病院やペットサロンで導入されている《メディセル フォー ペット》は、皮膚を吸引することで筋膜を正常な状態に戻す機器。

メディセル フォー ペット
メディセル フォー ペット

〈MJカンパニー〉がこれまで開発してきた人間用の筋膜ケア機器をペット用にアップデート。毛を吸い込まない、ヘッドの種類を動物によって替えられるなどの改良が施されている。WEBサイト

関節が動きやすくなり、血液やリンパ液の循環が良くなることで痛みやむくみの軽減など、幅広い効果が期待できる。施術時に痛みがないのでペットが嫌がりにくく、マッサージや電気治療と比べて施術が簡単な点も魅力だ。代表の渋谷智也さんは開発背景をこう語る。

「近年は医療や栄養技術の進歩により犬や猫の平均年齢が上がってきています。その分、動きが鈍くなったり、寝たきりのペットも増えてきている。それを解消する手段として《メディセル フォー ペット》の開発に着手しました。脚が不自由な犬が少しずつ歩けるようになったという現場の声も聞いています。人間同様、ペットの“健康寿命”も高めていきたいですね」

また、ペットだけではなく、ハードなトレーニングが多い競走馬用に《メディセルホース》という製品も開発している。

競走馬にも使っている!
動物と筋膜ケア 2021年のJRA最高勝率調教師 中内田充正さん 競走馬に《メディセルホース》を使用

2021年のJRA最高勝率調教師に選ばれた中内田充正さんも競走馬に《メディセルホース》を使用。練習後の疲労回復や、腰痛予防のために役立てている。施術時に暴れることがないので、厩務員でも使用できるという。

2021年の有馬記念で優勝したエフフォーリアの調教師も使用しているのだからその効果は折り紙付き。人間のアスリートのように日頃の筋膜ケアが勝敗を分ける時代も近いかもしれない。動物向け筋膜ケアの可能性は無限大だ!

取材・文/山梨幸輝 撮影/山本嵩

初出『Tarzan』No.830・2022年3月24日発売

Share