骨盤を意識したウォーキングで腹を絞ろう。
正しい体幹トレは「呼吸」から。
4つのヨガで「肩と股関節」を柔らかくしよう!
3ステップで「骨盤が原因の腰痛」を改善。
3ステップ10分で背中の凝りを解消しよう。
肩甲骨の「クセ」を正して肩こりを改善!
5種目30分でヒップアップを目指す!
週2日の筋トレで腕は太くなる。
  • 公開:

“鍛えるシェフ”直伝の筋肉レシピ:ひよこ豆とホウレンソウ、鶏肉のミネストローネ

ひよこ豆とホウレンソウ、鶏肉のミネストローネ

自身もトレーニングを行う“鍛えるシェフ”直伝の料理を紹介する「美味い筋肉レシピ」シリーズ。今回は〈アンティカ ブラチェリア ベッリターリア〉オーナーシェフ井上裕一さんに教えてもらった「ひよこ豆とホウレンソウ、鶏肉のミネストローネ」。

Share

〈アンティカ ブラチェリア ベッリターリア〉オーナーシェフ 井上裕一さん井上裕一さん

教えてくれた人

〈アンティカ ブラチェリア ベッリターリア〉オーナーシェフ。北伊の星付き店などで腕を磨き、帰国後〈アロマクラシコ〉を経て2012年独立。2021年店舗を集約、1階にレストランとワイナリー、2階にワインショップがある現店開店。

ジム歴約6年。週2で筋トレビッグ3や懸垂を行う〈アンティカ ブラチェリア ベッリターリア〉の井上裕一さんに教わる、休日ブランチにもぴったりなイタリアン。

ひよこ豆のミネストローネは「イタリア定番豆入りスープ鶏肉も加えてさらに具だくさんに」。

タンパクリッチで、トレ後の小腹が空いたときも筋肉が喜ぶはず。

ひよこ豆とホウレンソウ、鶏肉のミネストローネ

ひよこ豆とホウレンソウ、鶏肉のミネストローネ

材料:4人分

  • 玉ネギ(みじん切り)…1/2個
  • 鶏挽き肉(皮なし)…150g
  • トマト缶(カットタイプ)…200g
  • ひよこ豆(水煮)…200g
  • 茹でホウレンソウ…50g(2株程度)
  • クミンシード…適量
  • シナモンパウダー…ごく少量
  • パルミジャーノパウダー…適量
  • EXVオリーブオイル…適量
  • 黒コショウ(粒)…適量
  • サラダ油(オリーブ油でも)…少々

作り方

  1. 鍋にサラダ油をひいて玉ネギを中火で炒める。さらに鶏挽き肉を加え炒める。
  2. 1にトマト、ひよこ豆、クミンシード、シナモンパウダー、ミルで挽いた黒コショウ、焦げないように水少々(分量外)も加え、中火で全体に火が通るまで煮る。ホウレンソウを加え混ぜる。
  3. 器に2を盛りつける。上からパルミジャーノパウダーをかけ、EXVオリーブオイルを回しかける。

ポイント

ひよこ豆とホウレンソウ、鶏肉のミネストローネ ポイント

イタリアンに欠かせないEXVオリーブオイルも、香りづけで最後にかけよう。

栄養ポイントはココ!

ひよこ豆はタンパク質のほか、食物繊維豊富で低脂肪でトレーニーの主食に○。スパイスのクミンには消化液の分泌を促す成分チモールが。ちょっぴり食欲がないときも消化を助け、食欲を増進させる効果が期待できます。(by管理栄養士 河村玲子さん)

photos: Chihiro Oshima text: Noriko Ozawa nutrition supervision: Reiko Kawamura

初出『Tarzan』No.828・2022年2月24日発売

Share