健康診断前日の筋トレはNG。
マナーを守って、気持ちよくジムで鍛えよう!
筋トレ前のストレッチはこの4種目を!
肩こり予防でアプローチすべきは肩“じゃない”。
肩がガチガチなら、肩甲骨ほぐし。
寝る前のストレッチで、疲れを解消。
正しい体幹トレは「呼吸」から。
お風呂タイムを活用してカロリー消費!
  • 公開:

ティータイムの新定番にも? コオロギを使用した《クリケットプロテイン 抹茶》

栄養価は高く、環境負荷は低いコオロギ食品は、もはや代替食品ではない!? 日本発のコオロギフードテックブランド《INNOCECT(イノセクト)》から発売されたプロテイン抹茶で、お茶のひと時が筋肉のゴールデンタイムに。

Share

コオロギ由来のプロテイン。新作は抹茶味

今まで食べられてきた食材や原料以外から栄養を摂取しようと、進化著しい代替食品。栄養はもちろん味も、もはや代替とは言えないほど。

次世代のタンパク源として特に注目が高いのがクリケット(和名:コオロギ)。これを原料とし「人も地球も健康にする」ことをミッションとするフードブランドが〈イノセクト〉だ。そのプロテインシリーズから《CRICKET PROTEIN(クリケットプロテイン) 抹茶》が新登場した。

《CRICKET PROTEIN(クリケットプロテイン) 抹茶》の写真

《CRICKET PROTEIN(クリケットプロテイン) 抹茶》容量:600g。5,199円(税込み)。

栄養価が高いクリケットパウダー希少なエンドウ豆タンパクを独自配合した点が目新しいプロテイン。1食につき21gのタンパク質が摂取できる。

クリケットは、100g中のタンパク質含有量が60g。それでいて脂質は9.6gと高タンパクで低脂質。また、筋合成に必要な必須アミノ酸9種BCAAをはじめ亜鉛、鉄分、カルシウム、マグネシウム、ビタミンB12などの栄養素をバランスよく豊富に含んだスーパーフードだ。

100gあたりのタンパク質量の比較
タンパク質含有量の説明図

クリケットの100g中のタンパク質含有量は、牛と比較して約3倍。

6つの自然由来の原材料のみを使用し、人工甘味料、乳製品は不使用。高級宇治抹茶をふんだんに使用し、クセのない味わいを目指したという。昆虫食のみならず、プロテイン初心者も主役食材として申し分なし!

畜産業では当たり前に使用されるホルモン剤や抗生剤も一切不使用、ベジタブル飼料を与えたコオロギのみを使用するなど安全性へのこだわりも特長だ。

同ブランドでは他にもプロテインバーコーヒーなどラインナップしており、2022年からは、午後のお茶のひと時はさらに充実しそうだ。カラダも地球環境も理想へ近づけるプロテイン抹茶、結構なお手前で。

《CRICKET PROTEIN(クリケットプロテイン) 》の製品ラインナップの写真

クリケットプロテイン製品のラインナップ。クリケットプロテイン チョコレート5,199円、クリケットプロテインバーもチョコレート、抹茶の2種。4,920円(12本入り)、クリケットコーヒー1,649円、ナチュラルクリケットパウダー1,199円。

INFORMATION

INNOCECT

販売サイト

※2022年1月限定キャンペーンとして、クーポンコード【matcha】を入力するとクリケットプロテイン、クリケットプロテインバーのチョコレート、抹茶が20%OFFで購入可能。また初回定期購入では合計36%OFFの特典あり。

文/本田賢一朗

Share