• 公開:

45分跳びっぱなし!トランポリンで汗だくだく。フィットネスジェーン・高見奈央が行く vol.7

高見奈央(たかみ・なお)/1996年三重県生まれ。レポーター、ラジオパーソナリティ、ゲーム配信などマルチに活躍。現在はCBCテレビ『メイプル超音楽』、ラジオ日本『大矢・高見のしゃべりスタ!』などに出演中。公式YouTubeチャンネル「なおすけチャンネル」も好評配信中!

読者投票で選ばれたフィットネスジェーンこと高見奈央さん。第7回のチャレンジは、トランポリンエクササイズ専用スタジオ〈jump one(ジャンプワン)〉です。

Share

日本初のトランポリン専門スタジオへ

トランポリンと言えば手軽にできる全身運動ということで近年注目のエクササイズ。家庭用のミニトランポリンも売れ行き好調だそう。

「そういえば実家の母も少し前にトランポリンを買ったみたいで、少し気になっていたんですよ~」と高見さん。という訳で今回訪れたのは、東京・銀座にあるトランポリンエクササイズができる〈jump one〉のスタジオ。

高見奈央さん

地下1階にある〈jump one Ginza.4〉。広々して明るいエントランス!

ジャンプワン

トランポリンが30台並ぶ光景は圧巻のひと言。真ん中の壇上のトランポリンはインストラクターさんが使います。

スタジオに入るなり「わ~!すごいトランポリンの数!」と目を見張る高見さん。何せここは日本初のトランポリン専門スタジオ。

広いスタジオには30台ものトランポリンが並んでいて、大柄な人から小柄な人まで、人ひとりが飛び跳ねるのにジャストサイズ。柔らかいマットなので関節への負荷が少なく、バランスよく筋肉を鍛えられるのだ

トランポリンはハンドバー付き。多少バランスを崩しても、しっかりと跳び続けられる。「ドリンクホルダーもあるので水分補給も安心ですね」

専用ソックス

館内では専用のソックスも販売。「滑り止めつきなのでマットの上でもツルツルしません」(高見さん)

専用ソックス

ちなみに両足を揃えると、甲の部分に〈jump one〉のロゴが出来上がる。

45分間のエクササイズに挑戦!

「今日はよろしくお願いしまーす!」と登場したのは今日のインストラクター、Nozomiさん。

Nozomiさん

インストラクターのNozomiさん。

「プログラムは1回45分間ですが、最大でランニングの1.7倍、450kcalから800kcalも消費できてしまうのが〈jump one〉の魅力。もし途中でついていけなくなっても安心を。バーを掴みながらその場でジャンプしてくれれば、それだけで立派なエクササイズになります!」。

基本の跳び方を覚えよう

ジャンプのレクチャーからスタート。まずは基本の跳び方から。

基本のジャンプ①

「足は腰幅に開いて、つま先は正面お腹に力を入れ、頭の位置を変えずに、腰から下だけを動かすイメージで軽く弾んでみてください」(Nozomiさん)。

高見奈央さん

背すじを曲げないよう意識して、軽く腰を引く。

高見奈央さん

腰に手を当て、体幹をまっすぐにして…。

高見奈央さん

膝を使ってリズミカルに跳びます(少し浮くくらいのイメージで高く飛ばない)。

基本のジャンプ②

お次は足を閉じ手の平を合わせてのジャンプ

高見奈央さん

足を閉じ、手の平を合わせてカラダの軸がブレないようジャンプ。

ジャンプのバリエーション

続いては両手両足を開く→閉じるを繰り返しながらのジャンプ。さらにツイストジャンプと、徐々に動きのバリエーションをつけていくのだ。

高見奈央さん

腰から下を左斜め前へ向け、上半身は正面。そのまま腕を右へ伸ばして、カラダをツイストさせたままジャンプ。「腕が落ちてこないよう注意しましょう」(Nozomiさん)

高見奈央さん

バーを両手で軽く持ち、足を広げた状態からジャンプしながら足をクロス。左クロス→正面→左クロス、とジャンプごとにカラダを捻りながら足を移動させる。

実際のプログラムでは、ここで紹介したジャンプのほかにも、さまざまなアレンジが加わる。カラダだけでなくアタマも刺激されて、飽きている暇がない45分間を疾走できるのだ。

基本のレクチャーが終了したころには、早くもうっすら汗をかいている高見さん。

高見奈央さん「プログラム中はこれ以上に汗をかくので頻繁に給水して、ハンドバーにタオルをかけておくのも忘れずに。途中でしんどくなったらとりあえず跳び続けてくださいね」(Nozomiさん)

いよいよ45分間の汗だくプログラムへ

下半身をしっかりストレッチして深呼吸したら、スタジオ内がパッと暗転。いよいよ45分間のプログラム、スタート!

高見奈央さんとNozomiさん

暗闇にダンスミュージックが響いてプログラム開始。「うわ~、高まる~!」(高見さん)

次々と動きを変えながらずっと跳びっぱなしのプログラム。割としんどい、だけど、ピョンピョン跳ねる楽しさが勝っちゃうのがトランポリンの魅力。高見さんもずっと笑顔、笑顔である。

高見奈央さん

Nozomiさんの動きに合わせて腕をシュッと横へ。「ランニングマンみたい!」

高見奈央さん

しっかりとNozomoiさんの動きを見ながら。

高見奈央さん

徐々に腕の動きも加わっていきます。

高見奈央さん

水分補給も忘れずに!

初体験の動きの連続で思わず笑みがこぼれる。「楽しいけど、Nozomiさんの、動きに、合わせるのに、必死です!」と言いつつしっかりとリズムに遅れずに跳べている高見さん。

ダンベル登場!0.5kgと侮るなかれ

続いて用意された0.5kgのダンベル2つを両手に。まさか、トランポリンでダンベルトレーニング!? 0.5kgとはいえ、これを持って動き続けなければならない。

ダンベル

可愛い見た目のダンベルがじわじわと効いてくる。

「フワフワしたトランポリンの上でアームカールや上下運動、左右に開く動きを連続して行います。リズムに乗りながら上半身を引き締めていきましょう!」(Nozomiさん)

Nozomiさん

ダンベルを持つ手が下がらないよう意識!

高見奈央さん

腕を上げてしっかり上半身を動かして。

高見奈央さん

「軽いダンベルなのに重く感じる!」(高見さん)

高見奈央さん

「わ~!これは効く~(笑)」(高見さん)

息を整えたらラストスパート

ダンベルトレーニングの後は、軽いステップで心拍数を落ち着かせて息を整える。下半身はゆっくりなテンポの中でも、トランポリンの弾む反動に負けずに体幹を意識することがポイントだ。

高見奈央さんとNozomiさん

ワン、ツーのリズムで前後にステップ。小刻みにステップを繰り返します。

さあここからはラストスパート。次第にステップが大きくなり、全身を使って跳ぶ、そして跳ねまくる。一気にいきます!

高見奈央さん

マットを広く使って、こんなワイドな動きも。

高見奈央さん

バウンス!バウンス!

Nozomiさん

インストラクターNozomiさんの動きも凄い!

高見奈央さん

高見さんも負けじとついていく!

高見奈央さん

最後のひと踏ん張り。超ハイジャンプ!

Nozomiさん

「ハイ!これでプログラム終了です~」(Nozomiさん)

高見奈央さん

「やった~!フィニッシュだ~!」(高見さん)

45分間、跳びっぱなしの感想は?

45分間跳びっぱなしだった高見さん。まずは感想を!

「途中のダンベルと、最後のどんどんステップが大きくなるあたりでくじけそうになりました(笑)。尋常じゃないくらい汗かいたし、正直トランポリンってこんなにいろんな動きができるんだ…って驚きましたね。」

高見奈央さん

「ダンベルが肩にきました…」と語る高見さん。

「でも床でのエクササイズと違ってずっとピョンピョン跳び続けているから、しんどくても“頑張らなきゃ”と音楽に合わせてカラダが動いてくれるんですよ

私、昔膝を痛めたことがあるんですけど、トランポリンだと床の衝撃がない分、ずっとジャンプしてても膝が気にならないし、意識せずとも弾んでくれるから下半身に力をこめる必要がない。それもいいなって」

Nozomiさんから見て高見さんはどうでしたか?

「今日は初心者向けではなく少しハードめのメニューでかなりの運動量でしたが、高見さんはしっかりついてきてくれました。お見事です!

トランポリンの魅力はカラダに負荷をかけずに床ではできない動作をたくさんできて、その分しっかり汗をかけてカロリーを消費できる点。筋力がなくてもカラダが跳ねるので、それだけで全身運動になるんです」

高見奈央さんとNozomiさん

「初めてでこんなに動ける方は珍しいです!」とNozomiさんも絶賛。

「疲れずに跳ぶポイントは体幹の強さ。これは続けていれば動きの中で自然と体幹を意識できるようになるはず。高見さんも何度かやればよりブレの少ない、きれいな跳び方になると思いますよ」

さまざまなエクササイズがある中で、トランポリンのように上下方向に動くものはあまりない、とも。

「大抵の運動は水平方向の動き。でもトランポリンは日常動作でもあまり行わない上下の動きで、カラダのリフレッシュにもなります。ダイエット効果もすごくて、私はインストラクターになって体重8kg、体脂肪率は10%減りました(笑)」

「じゃあ年齢や性別、体力や筋力関係なくオススメですね。とにかく終わった後の爽快感が半端ないので皆さんに味わってほしい!」と高見さん。

終わった後は施設内のプロテインスタンドへ。特製プロテイン(600円)でタンパク質とビタミンをチャージ。カラダもココロもリフレッシュ!

高見奈央さん

「どれにしようか迷うな~」

高見奈央さん

「イチゴベースの『Sweet Sensation』にしました。おいしっ!」

INFORMATION

今回のエクササイズは〈jump one Ginza.4〉にて。

  • 住所:東京都中央区銀座4-4-1 銀座ビルB1

  • 営業時間:平日6:30〜22:30、土日祝7:15〜20:45、水曜定休。

  • TEL:03-6263-2331

ほか全国に12店舗あり。トライアルレッスンはクレジット決済3,300円、現金決済3,850円。メンバープランは月4回通え「jumpPASS_04」が月額14,080円、月30回通える「jumpPASS_30」が月額18,480円など。
https://www.jumpone.jp

取材・文/黒田創 撮影/角戸菜摘

Share