• 公開:

ポケットのディティールが嬉しい。メリノウールのロングスリーブT

『ターザン』編集部員が本気で気になったアイテムを紹介する連載「編集部のみっけもん―EDITOR`S CHOICE」。〈アイスブレーカー〉のロングスリーブT。

Share

胸ポケットには、理由がある。

たまの運動や登山など、タフな活動時に着ていたら調子が良く、気に入って普段も着てる、みたいな服、ないですか? 例えば、メリノウールのインナー。汗をかいてもサラサラで気持ちいいですよね、あれって。

ただ、普段着ようとすると欲しいディテールがないときもあり。自分の場合、困るのは胸ポケット。私事ながら、昨年から服を選ぶ際、胸ポケット付きのものしか買わないというルールを勝手に作っています。

これには現実的な理由があって、もはや顔の一部になって久しいマスク、あれの置き場所としての役割。ペンやらサングラスやら、ちょっとしたものを入れるのにもいい。何より、そういう使い方をしていると、たまに胸ポケットのない服を着たときのストレスがすごいのです。

家でメガネの人が、たまにコンタクトなぞ入れた際、それを忘れてついメガネをクイッとやってしまうみたいなことが多々起きます(視力のいい方には伝わりづらい表現ですみません)。

軽くて柔らかい素材感も良し!

下のロンTは、〈アイスブレーカー〉で見つけたもの。

〈アイスブレーカー〉のロングスリーブT
ファウンダーがニュージーランドで羊毛、そしてメリノウールの着心地の良さに出合って始まったブランド。このロンTは、メリノウールをナイロン芯に巻きつけたコアスパン糸を採用。薄手ながら摩耗や引き裂きに対する強度あり。各12,100円、ゴールドウイン 公式サイト

アウトドア用のインナーは引き算のデザインになりがちなところ、ポケットがある。軽くて柔らかくて、冷えたときにもラフにかぶれる。どうです、便利でしょう? 杢っぽいベージュも、カーキもいい色でしょう?

というわけで、“ポケット付きの服しか着ない”教の信者として、もっと選択肢が増えることを願い、ここに布教活動をしてみました。同志求む!

photo:Tomoo Ogawa text:Tarzan

初出『Tarzan』No.819・2021年10月14日発売

Share