「猫背」はストレッチ&筋トレでリセット。
簡単体操で「正しい座り姿勢」に!
「筋トレでダイエット」するならこの6つを心得よ。
糖質オフするなら餃子よりシューマイ。
良い悪いってどういうこと?「代謝の正体」を学ぶQ&A。
正しい体幹トレは「呼吸」から。
まずは筋肥大しやすい部位TOP5から鍛えよう。
肩こり予防でアプローチすべきは肩“じゃない”。
  • 公開:

パフォーマンスキープのための愛飲サプリ(バレエダンサー・井福俊太郎さん)

こんにちは! 東京バレエ団の井福俊太郎です。

ダンスをする井福さん
©Kiyonori Hasegawa(8月に行われた野外公演、横浜ベイサイドバレエより)

カラダのミネラルが不足するとパフォーマンスが低下するので、僕が愛飲しているものです。

スポーツミネラル

舌の下に入れて溶かすのが体内に吸収されやすいのでそうしてます。(Amazonでは90袋4,000円くらいで購入できます)

他にも「OS1(経口補水液)」や「塩分タブレット」などに頼っています。

熱中症は夏だけではありません。少し涼しくなって、摂る水分量が減ると脱水症状になる事もあります。意識して摂らないと無自覚のうちに脱水状態になってしまいます。

体内の水分が2%失われると運動能力が低下し始めます。

体内の水分が2%失われるとのどの渇きを感じ、運動能力が低下しはじめます。 3%失われると、強いのどの渇き、ぼんやり、食欲不振などの症状がおこり、4~5%になると、疲労感や頭痛、めまいなどの脱水症状があらわれます。

個包装になっていて、カバンの中に何個か入れておくと安心感がありますよ!

Instagramもよろしくお願いします!


Share
Share