• 公開:

コロナ禍で変わった? 2021年、日本の性生活アンケート

今や握手もなくハグもない、非接触をよしとする緊急事態。だから男女のセックスについて、のんびり語っている場合ではない? いいや。こんな寂しいご時世だからこそ、僕たち私たちはセックスを語りたい。なぜなら人と人とのコミュニケーションの最たるもののひとつだから。

Share

出会いの場が減って、遠くに住む彼や彼女に会う機会が減って、仕事のルーティンが崩れて夜の生活を楽しむ時間が減って、それどころかストレスなのか性欲自体が湧かなくなって…。

コロナ禍でライフスタイルがガラリと変わったけど、世の中のみんなのセックスには変化があったの?なかったの? と正直気になるところではある。とはいえ、そう聞いて回るわけにもいかず、もやもや気分を抱えている人も決して少なくないはずだ。

ならばと『ターザン』、20〜50代の400人を対象に「セックスに関するアンケート調査」を実施した。アナリストにお迎えしたのは性事情に詳しい専門家、坂爪真吾さんとOliviAさん。数字やコメントの背景を読み解いていただいた。

さて、現代ニッポンのどんな性事情が見えてくる?

教えてくれた人
坂爪真吾さん
坂爪真吾(さかつめ・しんご)/ホワイトハンズ代表理事。新しい「性の公共」を作るという理念のもとに、障害者の射精介助サービスの展開、風俗産業の社会化を目指すなどさまざまな性問題の解決に取り組む。
OliviAさん
OliviA(おりびあ)/ラブライフアドバイザー。女性やカップルにカウンセリングやレッスンを通して性の総合アドバイスを行う。著書に『セックスが本当に気持ち良くなるLOVEもみ』(日本文芸社)などがある。

男はセックスが好き、女はセックスが嫌い!?

Q. あなたはセックスが好きですか?

男性アンケート結果

あなたはセックスが好きですか? 男性の回答

女性アンケート結果

あなたはセックスが好きですか? 女性の回答

のっけからド直球の質問をぶつけてみると、男性は9割以上「好き」と答えているのに対して女性は6割ほど。

「男性はセックスという行為自体が好き、女性は関係性を含めて好きということかもしれないですね」(坂爪さん)

「男性だけが満足するセックスという感じ。とても好きという男性と正直嫌いという女性の組み合わせは悩みが生じやすい」(OliviAさん)

コロナ禍でのセックス事情、意外に変化はほとんどなし。

Q. コロナ禍であなたのセックスは変わりましたか?

Q. コロナ禍であなたのセックスは変わりましたか? 回答

コロナ禍でセックスのありさまが変わったと答えたのは18%で、8割強が変化なし。

「昨年はコロナで外出が制限されてアダルトグッズの売り上げが伸びていると話題になりましたが、こうしてフタを開けてみるとあまり変わっていない。一時期は変化があったけれど今また通常に戻ってきたのかもしれないですね」(OliviAさん)

Q. 変わったと答えた方は、どんなところが変わりましたか?

変わったと答えた方はどんなところが変わりましたか? 回答

どの年代もセックスの頻度が「高くなった」より「低くなった」と答え、30代女性が圧倒的に頻度低下を訴えた。

「外出が減ってパートナーと一緒にいる時間が増えて、そういう関係に持ち込めなくなった。あるいは女性が家事や子どもの世話に追われて、家事に非協力的な夫との仲がこじれているという可能性も考えられます」(坂爪さん)

セックス相手については、妥当な結果。

Q. 定期的にセックスをするパートナーはいますか?

定期的にセックスをするパートナーはいますか? 回答

定期的なパートナーがいるという答えは男女合わせて6割強。これって多い? 少ない? 

「生涯パートナーがいない生涯未婚率が最近日本では増えてきています。また、初体験年齢も上がってきているという傾向も。そう考えると『いる』と答えた方が約6割というのは妥当な数字だと思います」(OliviAさん)

Q. そのパートナーとはどんな関係ですか?

セックスパートナーとはどんな関係ですか? 回答

「配偶者」と「恋人」を合わせると9割超え。「恋愛関係にない知人」はセフレと思われる。100%以上になるのは複数回答の人がいるから。

「不倫をしている人というのは、おそらく全体の1〜2割くらいだと思うのでこの数字は頷けます」(坂爪さん)

「男性は配偶者とセフレ、恋人とセフレと役割を分けている人も多いと思います」(OliviAさん)

セックスの頻度と時間は、お粗末な現状が露見。

Q. 1か月に平均的に何回ぐらいセックスをしますか?

1か月に平均的に何回ぐらいセックスをしますか? 回答

50代女性が月に一度もしないのはまあ分かる。でも男盛りの30代男性、しないの?

「基本的にすごく不活発に見えますね」(坂爪さん)

「日本性科学学会では健康な男女でセックスが月1回以下の場合はセックスレスと定義されています。過去の世界的なセックスの調査で日本人は週1回レベルの頻度。それよりもっと少なくなっていますね」(OliviAさん)

Q. 前戯、後戯を含めセックスにかける平均時間はどれくらい?

前戯、後戯を含めセックスにかける平均時間はどれくらいですか? 回答

30分未満が50%以上という結果。短っ!

「どちらが主導権を持っているのか分からないですけど、コミュニケーションがないというのが伝わってきます」(坂爪さん)

「20〜30分で前戯、挿入、射精で終わるパターンは男性主導のセックス。10分未満では女性はカラダの準備ができていません。男女の満足度にはかなり違いがあるのでは」(OliviAさん)

コロナで男はお持ち帰り減、女はキスを拒否。

Q. 以前はしていたけど、コロナ後にしなくなったことは?

Q. コロナ前ならしていたことで、コロナ後しなくなったこと 回答

男性は初対面の人間とのセックスが減ったという声が多く、女性は衛生面を気にする声が多く見られた。

「昨年の緊急事態宣言下では感染経路から浮気がバレるんじゃないかと心配する声がありました。保健所が濃厚接触者を聞き取り調査するので。それで慎重になったという人が今でも多いのかもしれません」(OliviAさん)

コロナ禍のマスターベーション、男女ともマイペースを維持。

Q. コロナ禍によってマスターベーションの回数は変わりましたか?

男性アンケート結果

コロナ禍によってマスターベーションの回数は変わりましたか? 男性の回答

女性アンケート結果

コロナ禍によってマスターベーションの回数は変わりましたか? 女性の回答

コロナ以前との比較ができないのは残念だが、男女とも「変わらない」が多数派。「増えた」は男性が女性の倍以上。

「思っているほどみんな変わっていないという印象で安心しますね。みなさん他人の事情が分からないので」(OliviAさん)

「『増えた』という人たちは恋人に会えなくなったのかもしれないですね」(坂爪さん)

在宅勤務中にセックスをしたのは10人に1人。

Q. 在宅作業の勤務時間内に、セックスまたはマスターベーションをしたことはある?

在宅作業の日の勤務時間内に、セックスまたはマスターベーションをしたことはありますか? 回答

リモートでの打ち合わせ以外は何をしていてもバレる心配はない。でもセックスやマスターベーションをしたことがない人が9割

「自由に動けそうなイメージがありますけど総じて真面目ですね。真面目というか欲求が低いのかもしれませんが」(坂爪さん)

「仕事は仕事、夜の生活は夜の生活と区切っているんだなと感じました」(OliviAさん)

Q. あると答えた方、感想を教えてください。

あると答えた方の感想 回答

10人に1人という少数派の意見では、「背徳感があってよかった」と答えたのは主に男性。女性は逆に時間制限でプレッシャーがあったなど、あまり楽しめなかったよう。

「背徳感があるというのは分かるような気がします。コトが終わった後、そのままズーム会議に出るというシチュエーションが想像できます」(OliviAさん)

セックス中の会話はなし。過半数がコミュ不足。

Q. セックス中はパートナーと積極的に言葉を交わしますか?

セックス中はパートナーと積極的に言葉を交わしますか? 回答

6割がパートナーと積極的に言葉を交わしていない。ぺらぺら喋ればいいってものではないけれど…。

「コミュニケーションがとれていないということですね。男性は妻には言えないことでも風俗嬢やセフレには言えるという傾向があります」(坂爪さん)

「雰囲気で行っている無言カップルが多いようですが、セックスに以心伝心はありません」(OliviAさん)

Q. 自分がしてほしいことをパートナーに伝える方ですか?

男性アンケート結果

自分がしてほしいことをパートナーに伝える方ですか? 男性回答

女性アンケート結果

自分がしてほしいことをパートナーに伝える方ですか? 女性回答

男性は「伝える」が過半数なのに対して女性は逆に「伝えない」人が過半数。

「女性は保守的ですね。その場では受け入れるけれど後々不満を溜めている印象があります」(坂爪さん)

「女性は相手の顔色を気にしがちですが、恥ずかしがらずにそれが好き、してほしいと積極的に伝えた方が楽しめるはず。セックスは二人で作るものですから」(OliviAさん)

セックスレス率は3割弱、もしかして定義を知らない?

Q. パートナーと現在セックスレスですか?

パートナーと現在セックスレスですか? 回答

現在セックスレスだと答えた人は3割を下回った。一見、ちょっとホッとする数字ではあるが。

「日本では4割から5割のカップルがセックスレスといわれているので、それからすると少ないかなという感じです」(坂爪さん)

1か月以上していない=セックスレスという正式な定義を知っていたら、もっと増える可能性がありますね」(OliviAさん)

Q. はいと答えた方にお聞きします。どのくらいの期間セックスレスですか?

はいと答えた方にお聞きします。どのくらいの期間セックスレスですか?  回答

1か月どころか6か月以上と答えた人が半数弱。3年以上していないというカップルは長いこと連れ添った夫婦?

「若い人でも最近はセックスレスを容認する傾向が出てきています。うちはセックスレスだけど仲良し夫婦だからOK、絶対解消しなきゃいけないというより二人の関係が安定していればいいという考え方に」(OliviAさん)

Q. セックスレスになった理由を教えてください。

セックスレスになった理由を教えてください。回答

男女ともに仕事や家事で忙しいからという答えが最も多かった。

「そもそも忙しくて時間がないからセックスをしない。しても短時間でコミュニケーションが少なくなっているという図式でしょうね。筋トレしない理由で多いのも『忙しいから』だそうなので、筋トレ同様セックスも半分義務感で行っているのかもしれません」(坂爪さん)

不倫をしている割合はやはり男が格段に多い。

Q. パートナー以外の相手と、この1年以内でセックスをしたことがありますか?

パートナー以外の相手と、この1年以内でセックスをしたことがありますか? 回答

予想はしていたが、やはり不倫の確率は女性より男性の方が高い。

「コロナ禍での不倫となると出会い系や風俗系でしょう。そうしたマーケットは圧倒的に男性向けのものが多いので」(坂爪さん)

スマホの普及でセックス目的の相手を探しやすくなっていると思います。リアルな場で出会うより目的ごとの繫がりが得られやすくなったのかも」(OliviAさん)

Q. パートナー以外とセックスをする理由はなんですか?

パートナー以外とセックスをする理由はなんですか? 回答

「いろいろな相手とセックスしてみたいから」はトータルで50%だが、男女別に見ると男性が57%女性は30%と差が開いた。パートナーとのセックスでは性欲が収まらないから、という理由も多く、男性は37%女性は23%とこちらも男性の性欲は外に向かっている。

「いろんな意味で、男性の方が好奇心が旺盛なんですね」(OliviAさん)

自分史上一番の思い出は好きな人との初セックス。

Q. これまでの人生で、最も心に残るセックスを教えてください。

最も心に残るセックス 回答

一番の思い出は好きな相手との初めてのセックスというピュアなコメントが多かった。

「初めてのセックスは手探りでの共同作業ですから印象に残ります。そのときのBGMとかモルジブとか車の中とか、シチュエーションごと覚えていることが多いようですね。場所や環境を変えるというのはマンネリ打破にも有効です」(OliviAさん)

『ターザン』816号「性学」特集・好評発売中!
雑誌『ターザン』816号
『ターザン』816号(特別定価690円)

こちらの記事も収録している『ターザン』816号「性学」特集。今どきのセックスライフを紐解きながら、真面目に「性」について深掘りして考えていく特集です。

カラダへの効果、性欲の不思議、ホルモンの高め方といった学びから、妊活、セックスレス、性差、といった気になる話題にもアプローチ。生理学、心理学、脳科学、社会学、栄養学、自慰学、感染症学といった、ジャンルに分けて誌面は展開していきます。

セックスライフをより良くするためのエッセンス満載でお届けする一冊。パートナーへの理解を深めて、カラダとココロに効くセックスへ誘います!

取材・文/石飛カノ イラストレーション/Motiejus Vaura

初出『Tarzan』No.816・2021年8月5日発売

Share