• 公開:

“クルマと通じ合う”〈マツダ〉と〈ミズノ〉のドライビングシューズ

Share

クルマとスポーツシューズ。「自分の思うように走れる」二足のわらじを温めていたというわけか。

マツダ〉と〈ミズノ〉が共同開発した新コンセプトのドライビングシューズ《マツダ/ミズノ ドライビングシューズ》の予約受注が2021年7月6日(火)よりクラウドファンディングサービス〈Makuake〉にて開始。商品が届くのは2022年3月末予定

床面に踵を着け足首を伸ばし足裏で「ペダルを踏み込む」、そしてつま先を引き上げて「ペダルを戻す」、床に着けた踵を中心に「ペダルを踏みかえる」といったクルマの運転における足の基本動作のサポート機能とクルマを降りてからの快適性を両立したシューズ。

足首周りにはミズノが培ってきた競泳水着の姿勢制御技術を活用し、伸縮性の高いストレッチ素材を採用。ストレッチ素材ならではの伸びを抑える反力により踏み込み時に力加減がしやすくなるため、緻密なペダルコントロールが可能だ。

また同様に生地の伸縮性がつま先を引き上げる際の前脛骨筋の働きをサポートすることで、アクセルペダルとブレーキペダルの踏みかえがしやすくなるという。

《マツダ/ミズノ ドライビングシューズ》のアウトソール
床面への足の接地を安定させる「ラウンドソール」

アウトソールでは踵部分に丸みを持たせ、アッパーの側面部や後方部まで巻き上げることで床面との接地面積が増えて足の接地が安定。また、踵を軸にして足を前後左右に動かしやすくなり、ペダルの踏み込み、踏みかえ操作がスムーズになる。

1/20
《マツダ/ミズノ ドライビングシューズ》のアウトソール
トレーニングシューズ開発で培ったソール構造『MIZUNO COB(ミズノ コブ)』により操作感が高まる。

《マツダ/ミズノ ドライビングシューズ》のミッドソール
ミッドソール上面。アウトソールから足裏に正確に情報が伝達される設計。

ミッドソールでは上面をアウトソールと連動する凹凸構造にすることで足裏のペダルフィーリングを高めつつ、薄く硬いソールばかりの従来のドライビングシューズでは除かれていたクッション性も確保。

ドライビングに求められる繊細な足裏感覚と普段履きに求められる快適さも兼ね備え、「人とクルマが一体になる走り心地」と相成った。

この肉体関係の深みには、足を踏み入れてみたくなる。

INFORMATION

https://www.mizuno.jp/driving/makuake/topic

※Makuake販売価格39,600円(税込み)早期購入割引あり。

※通常販売価格44,000円(税込み)

ミズノお客様相談センター    

tel.0120-320-799

文/本田賢一朗

Share