• “鍛えるシェフ”直伝の筋肉レシピ:しお豆オムレツ
FOOD
2021.09.17

“鍛えるシェフ”直伝の筋肉レシピ:しお豆オムレツ

しお豆オムレツ

自身もトレーニングを行う“鍛えるシェフ”直伝の料理を紹介する「美味い筋肉レシピ」シリーズ。今回は件・川辺輝明さんに教えてもらった「しお豆オムレツ」。

教えてくれた人
〈件〉・川辺輝明さん
〈件〉・川辺輝明さん/日本酒好きが通う、和食居酒屋の店主。毎日天然素材のみでひく、こだわりのダシを使ったおでんが名物。約50銘柄の地酒と旬素材を活かした和食が楽しめる。件(くだん)の住所は、東京都目黒区鷹番3-7-4 関口ビル1F

鍛える料理人が筋肉も喜ぶレシピを提案! 運動歴6年、今はゴルフにはまり、仕込み前に朝イチで練習に励む和食居酒屋店主、川辺輝明さんに、おからや豆乳、エンドウ豆といった“豆のタンパク質”が摂れる一品料理を教わった。

「店のメニューにおから入りのだし巻き卵があるんですが、巻くのは難しいのでオムレツに。しお豆(塩茹で青エンドウ)を混ぜてボリュームとタンパク質も増量しました」

しお豆オムレツ

しお豆オムレツ

【材料:1人分】

  • 卵液…卵3個、豆乳…40ml、塩少々
  • しお豆(塩茹で青エンドウ)…80g(2/3袋)
  • 生おから…大さじ4
  • 豆乳(調製)…少々
  • 油…小さじ2
  • ルッコラ(野菜はお好みで)…適量

【作り方】

  1. ボウルにしお豆を入れてスプーンで潰す。おから、豆乳も加え混ぜ合わせる。
  2. フライパンに油をひき、強火でしっかり熱したら卵液を一気に流し入れる。菜箸でぐるっとかき混ぜながら火を通す。
  3. 半熟程度に2が固まってきたら弱火にし、1の具を真ん中に乗せる。手前、奥の順に卵を持ち上げ具を包んだら端に寄せ、フライ返しなどを使いひっくり返す。しばらく弱火で焼き固めたら器に盛り、ルッコラを飾る。

【ポイント】

しお豆オムレツ
卵がある程度固まってきたら、手前、奥の順に卵を持ち上げるようにして包む。
栄養ポイントはココ!

豆でタンパク質というと大豆が思い浮かびがちですが、大豆は脂質が多く少し注意が必要。今回使ったエンドウ豆は脂質がほぼ含まれず、それでいてタンパク質と食物繊維も豊富。筋トレ民に嬉しいちょい足しアイテムです。(管理栄養士 河村玲子さん)

photos: Chihiro Oshima text: Noriko Ozawa nutrition supervision: Reiko Kawamura

初出『Tarzan』No.810・2021年5月13日発売

Special