• “鍛えるシェフ”直伝の筋肉レシピ:鶏むね肉のサラダチキン
FOOD
2021.09.10

“鍛えるシェフ”直伝の筋肉レシピ:鶏むね肉のサラダチキン

鶏むね肉

自身もトレーニングを行う“鍛えるシェフ”直伝の料理を紹介する「美味い筋肉レシピ」シリーズ。今回はターブルOGINO・荻野伸也さんに教えてもらった「鶏むね肉のサラダチキン」。

教えてくれた人
ターブルOGINO・荻野伸也さん
ターブルOGINO・荻野伸也さん/フランス料理人。添加物を加えないシャルキュトリー&フレンチデリを手がける。著書に『アスリートシェフの美筋レシピ』(柴田書店)など。店舗〈ターブルOGINO湘南〉は、藤沢市の湘南T-SITE2号館内。

鍛える料理人に、筋肉をつけたいときのレシピを教わるこの連載。今回は、トレーニーがこよなく愛するサラダチキン

「超簡単です。塩で揉んで水から茹でて、沸騰したら火を止めて放置するだけ。練習前に仕込んでおけば帰宅してすぐ食べられます」(荻野伸也さん)

さらにフレーバーをまぶし薄切りにし、トマトとチーズを挟めばカプレーゼ風オシャレ前菜に変身。

鶏むね肉のサラダチキン

ミックスハーブ味、チリパウダー味

鶏むね肉

【材料:2人分(作り置きのため)】

  • 鶏むね肉(皮なし) …1枚(270g)
  • 塩…手で4つまみ
  • おろしニンニク(チューブタイプ)…小さじ1弱(4g)
  • ハーブミックス(バジル、パセリ、ブラックペッパーなど好みで)…小さじ2(2g)
  • チリパウダー…小さじ2(2g)
  • スライスチーズ(食べやすい大きさに切る)…2枚
  • トマト(中)(薄切りにする)…1個

【作り方】

  1. 鶏むね肉は半分に切る。火が入りやすいように、フォークで両面を数か所刺す。
  2. 1.の肉の両面に塩を振り、手でぎゅっと握りながらなじませる。
  3. 鍋に2.の肉を並べて入れ、肉が水に浸かるよう多めに水(分量外)を注ぐ。
  4. 3.を中火にかけ、沸騰したら火を止めて放置し、余熱で火をゆっくり通す。冷めたら完成(今回汁は使用しないが、捨てずに汁物の出汁などに利用を)。
  5. ボウルに入れた4.の肉半分に、ニンニク、ハーブミックスを加えなじませる。別ボウルに入れた残りの肉にチリパウダーを加え、同様になじませる。
  6. 5のそれぞれの肉の半量(1人分)を薄切りにし、トマト、チーズを挟みながら皿に盛り付ける(残りのサラダチキンは冷蔵で3〜4日保存可)。

【ポイント】

鶏むね肉
沸騰したら火を止め余熱で火を通す。硬くなりがちなむね肉もしっとり仕上がる。
栄養ポイントはココ!

鶏むね肉にチーズも添えると、栄養的にも利点が。カルシウムが不足すると体脂肪増の可能性があるとの報告があり、タンパク質とともにカルシウムも摂取を。スライスチーズ1枚で、日本人に不足しがちな量を補えます。(管理栄養士 河村玲子さん)

photos: Chihiro Oshima text: Noriko Ozawa nutrition supervision: Reiko Kawamura

初出『Tarzan』No.809・2021年4月22日発売

Special