• 自宅で多様なトレーニングが実現する《BODYBOSS 2.0》|フィットネスの新・名品図鑑
TRAINING
2021.06.15

自宅で多様なトレーニングが実現する《BODYBOSS 2.0》|フィットネスの新・名品図鑑

BODYBOSS 2.0

知識と審美眼を持つ7名のご意見番と、『ターザン』の編集・ライター陣がフィットネスの「新・名品」を選定! トレーニング器具をメインに、カラダの基礎を作るうえで欠かせないライフスタイル用品まで、幅広いジャンルの商品をピックアップ。今回紹介するのは、《BODYBOSS 2.0》。

省スペースで自宅のジム化を実現。

自宅でもマシンが揃ったジムのように多様なトレーニングをしたいと願うトレーニーは多い。実際に自宅をジム化しようとすれば、たくさんの道具やスペースが必要になる。

トレーナーの三浦香織さんの周りにも使う人が多いという《ボディボス 2.0》はたった一台で、背中を鍛えるロウイングも、胸を鍛えるベンチプレスも、臀部を鍛えるヒップリフトも適切な負荷をかけながら行える。

BODYBOSS 2.0
サイズ:W81×H7×D51cm、7.3kg。バンド×2、ストラップ×2、ハンドル×2、バー、ドアアンカー、アクセサリー収納袋が付属。29,920円、問い合わせ先/グロウ(ボディボス ジャパン) tel. 03-6701-5575。

使わないときはボードを折り畳んで、アクセサリーは専用袋に。ソファやベッドの下など10cmほどの隙間に収納できてしまう省スペースのボディも魅力のひとつと言える。

HOW TO USE:
BODYBOSS 2.0

バンドとバーやハンドルを組み合わせ、狙った部位に負荷をかけることができる。

公式YouTubeチャンネルには、部位別、目的別のプログラム動画が用意され、さらにオンラインサロン〈CLUB BODYBOSS〉に入会すれば、生放送のライブワークアウトへの参加も可能。

商品を買ったところで終わらずに、継続をサポートしてくれるオンラインのサービスが充実しているのも、現代の名品たる所以だ。

photos: Yoshio Kato styling: Takeshi Toyoshima illustration: Yoshifumi Takeda text: Ryo Ishii, Fumihito Kouzu, Kyosuke Nitta, Keiichiro Miyata
新・名品選定委員会/荒金大典、井上健二、齊藤邦秀、土井地博、豊島猛さん、美才治真澄、三浦香織

初出『Tarzan』No.808・2021年4月8日発売

Special