CONDITIONING
2021.04.13

50kg減量&格闘家デビュー。スダリオ剛さんの劇的変化した肉体

スダリオ剛
スダリオ剛(すだりお・つよし)/1997年生まれ。大相撲で貴ノ富士関として活躍(最高位西十両5枚目)。引退後総合格闘家に転身し、2020年9月『RIZIN』でデビュー。12月には同大会でミノワマン相手に見事1RTKOで勝利を収めた。

年齢、職業、体型、生活習慣、運動頻度、さまざまな要素がその人の基礎代謝量を左右する。「人の振り見て我が振り直せ」とまでは言わないが、リアルな数値を参考にして、自分に生かしてみるのもいいかも!

50kg減量&格闘家デビュー。劇的変化した肉体の驚愕数値。

総合格闘家に転身するときに、4か月で50kg減量したんです。力士時代は体重が160kg以上あって、四六時中食べるような生活を送っていましたから、まず食事の時間を決めて量を減らすこと。

あとは肉食中心にして、体重を落としつついい筋肉をつけるよう意識しました。最初のうちは食欲との闘い。おかげでメンタル面も相当鍛えられました(笑)。

スダリオ剛
基礎代謝2,325kcalは参加者の中で最高値。そして頭より大きな超絶極太大腿筋を見よ。このポテンシャルで世界の舞台を狙う。

今まで有酸素運動をほとんどしてこなかったので、まずは2km走り切るところから始めて、あとは縄跳びや体幹トレーニングも日課になりました。風呂の温度は45度以上で半身浴を1時間。かなり熱いけど無茶苦茶汗をかけるんです。もともといい方ですけど、おかげでさらに代謝がアップした気がしますね。

正直、160kgあった頃は立ち上がるのも歩くのも辛かったので、やっと適正体重になれたかなと。とはいえ打撃もフットワークもまだまだ。これからもっと脂肪を落として動きをシャープにしたいんです。

これが日本人の平均だ
厚生労働省「日本人の食事摂取基準」(2010年版)より
※厚生労働省「日本人の食事摂取基準」(2010年版)より

基礎代謝は1日に必ず消費するエネルギー量で、総エネルギー量の約7割を占める。この値が大きいほど代謝しやすいカラダということになる。

※ 今回の測定はすべてオムロン体重体組成計《KRD-703T》で行いました。

取材・文/黒田創 撮影/北尾渉

初出『Tarzan』No.806・2021年3月11日発売

Special