CONDITIONING
2021.04.08

リアルな数値に学ぶ。あの人の基礎代謝①|あばれる君

あばれる君
あばれるくん/1986年生まれ。2015年『R-1ぐらんぷり』決勝進出。ハイテンション芸の「熱血ひとり芝居」で人気を得る。大のポケモン好きで『ポケモンの家あつまる?』(テレビ東京系列)にも出演中。パンツもポケモン柄!

年齢、職業、体型、生活習慣、運動頻度、さまざまな要素がその人の基礎代謝量を左右する。「人の振り見て我が振り直せ」とまでは言わないが、リアルな数値を参考にして、自分に生かしてみるのもいいかも!

あばれる君、汗っかきで右に出る者なし。

汗っかきは子供の頃から。休み時間のたびに暴れまわっては大汗かいてビチャビチャのまま次の授業みたいな(笑)。だから基礎代謝はいいはず。で、1,646キロカロリーですか……。週2回トレーナーさんに筋トレを見てもらっているので、もう少し高くしたいですね。

鍛えるようになったのは大自然で原始的な生活を送る『アイ・アム・冒険少年』という番組に出るようになり、タフな肉体じゃないとダメだと痛感したのがきっかけ。おかげで今はナイフひと振りで竹を何本も割れるようになりました。

あばれる君
全体的には満足のご様子。「以前人間ドックで内臓脂肪レベルがヤバめだったので標準値に戻って嬉しい。現状キープを目指します」。

30代からの「心地よさ」。

今日の撮影のために3.5kg減量したんですよ。最近夜10時には寝るんですけど、早めに夕飯を食べて早寝すると翌朝は大抵体重が減っているし、起きたときの頭の冴え具合が違うなって。

食事の量は減らしたりせず、とにかく野菜をたっぷり食べて動くのが基本。好物はモロヘイヤにホウレンソウ、白菜にキャベツ。昔から実家で育てた野菜を食べてきたんで、酒のつまみも野菜が多いですね。

昔は毎晩明け方まで飲んで朝一の飛行機でロケに行くような生活をしていました。

でも30代になり、ちゃんと寝て体調をキープできている方が心地よくなった。筋トレするようになったのもコンディションを意識するようになったのが大きいと思います。

これが日本人の平均だ
厚生労働省「日本人の食事摂取基準」(2010年版)より
※厚生労働省「日本人の食事摂取基準」(2010年版)より

基礎代謝は1日に必ず消費するエネルギー量で、総エネルギー量の約7割を占める。この値が大きいほど代謝しやすいカラダということになる。

※今回の測定はすべてオムロン体重体組成計《KRD-703T》で行いました。

取材・文/黒田創 撮影/北尾渉

初出『Tarzan』No.806・2021年3月11日発売

Special