腹を割るなら食事から!8つのルールを守ろう。
公園&階段を活用したHIITで全身の脂肪を燃やす。
長時間のPC作業の敵「巻き肩」をリセット。
運動の「やり過ぎ」で免疫が下がる⁉︎
バランスボールを使えば、腹筋群を網羅的に鍛えられる。
マナーを守って、気持ちよくジムで鍛えよう!
しゃがめない人は要注意。足首の柔軟性を取り戻そう。
「大胸筋の段差」を集中的に鍛えて強調する。
  • 公開:

手軽に抗酸化成分をチャージ。イタリア生まれの「フィットネスコーヒー」

いつものコーヒーから健康的に。自分を労う一杯に《フィットネス・コーヒー》はいかがだろう。

Share

赤ワインを超えるポリフェノール。

コーヒー文化が生活に根ざしたイタリアで生まれたこの逸品。本場の上質なコーヒー豆の豊かな味わいを楽しみながら、抗酸化物質や栄養素をリッチに摂れるのが大きな魅力。ウコンやシナモン、マテ茶など16種類ものハーブ&スパイスを独自ブレンド。

なかでも特筆すべきはポリフェノールの含有量。その量は赤ワインにも勝り、スウェーデンで行われた研究によれば、緑茶の約3倍に匹敵する抗酸化作用を期待できる。

編集部で実践してみたよ!

1/20

コーヒー×レモンで気分転換。

【シャケラート】
フィットネス・コーヒー

シェイカーなどの蓋付き容器に氷と砂糖小さじ2杯、レモン2個分の果汁をIN。60mlの湯で濃いめに淹れたコーヒーを注ぎ、20秒間振る。深いコクと酸味が意外にも合う。リフレッシュしたい時に。

好きなドリンクをヘルシーに。

【アイスキューブ】
フィットネス・コーヒー

コーヒーを製氷皿に注ぎ、粗熱が取れたら冷凍庫へ。凍らせた状態で常備しておけば、好きな飲み物に栄養をちょい足ししたい時に重宝。プロテインドリンクや豆乳、アーモンドミルクなど何でも合う。

激しい運動や不規則な生活により、体内で活性酸素が過剰に生成。細胞の酸化による老化などを防ぐために、普段から活性酸素と対抗する抗酸化成分を摂りたい。

だが食生活を根本から見直すのは骨が折れる。だからこそコーヒーを替えるだけ、というシンプルさが嬉しい。ドリップだけでは飽き足りない方には、上記の画像のようにアレンジレシピを。

FITNESS COFFEE

100%天然素材使用。最高品質のアラビカ豆とロブスタ豆によりイタリアンブレンドの風味が際立つ。公式ウェブサイトで購入可。250g 1,980円(税込)。

取材・文/門上奈央 撮影/北尾渉

初出『Tarzan』No.806・2021年3月11日発売

Share