溜まった皮下脂肪は“6か月”で攻略しよう。
衰え知らずのバストをつくる!
肩甲骨の「クセ」を正して肩こりを改善!
まずは筋肥大しやすい部位TOP5から鍛えよう。
【女性向け】6種の簡単筋トレで脂肪燃焼!
7つのヨガポーズで代謝をアップしよう!
リンパマッサージで老廃物を優しく流す。
運動不足なら、この6種目で筋量低下にブレーキを。
  • 公開:

人気上昇中の豆腐バーでタンパク質量を底上げ。豆腐バーの豚キム炒め

豆腐バーは、絹ごし豆腐の2.7倍ものタンパク質が摂れるバータイプのハイプロテイン食品。もっちりして嚙みごたえがあり、チルド生姜焼きとキムチと炒め合わせれば、タンパク質もボリュームもアップ。

Share

材料(1人分)

  • チルド生姜焼き…1パック
  • キムチ…適量(箸でふたつかみ)
  • 冷凍ホウレンソウ…適量(手でひとつかみ)
  • 豆腐バー…1本
  • 千切りキャベツ…1/3袋(50g)
  • 温泉卵…1個

作り方

  1. 生姜焼き、キムチ、冷凍ホウレンソウを皿に乗せ、ラップをして電子レンジ600Wで1分加熱する。
  2. 豆腐バーを適度な大きさに切る。
  3. ①を一度取り出し、豆腐バーを入れて全体を合わせたら、再度ラップをして600Wで1〜1分半、温まるまで加熱する。
  4. 千切りキャベツの上に③を乗せ、真ん中に温泉卵を割って乗せる。

これで完成!

豆腐バーの豚キム炒め

ご飯なしでも1品でお腹が大満足の痩せメニュー

自炊をして食事のコントロールをしなければカラダは絞れない。だけど、仕事帰りにスーパーに寄って買い物をする気力はもはやなし……。そんなときは途中のコンビニへ。

サラダチキンをはじめ、今やコンビニは低カロリー&高タンパクな食材の宝庫。しかも封を開ければそのまま切らずに使える食材が多く、手間いらず。まずは1食のカロリーは400キロカロリー以内、タンパク質は30g以上摂れて、ご飯なしでも満足できます。

取材・文/小沢緑子 撮影/小川朋央 スタイリスト/矢口紀子 料理製作・栄養監修/河村玲子(管理栄養士)

初出『Tarzan』No.802・2021年1月4日発売

Share