• 室内バイクギア〈SARIS〉を使って体重7キロ減。楽しく痩せられる、その魅力とは?
TRAINING
2020.12.18
promotion

室内バイクギア〈SARIS〉を使って体重7キロ減。楽しく痩せられる、その魅力とは?

20201210rm_201201_TA21605_top

新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあり、注目度が高まっている自宅でのトレーニング。2020年に日本上陸を果たしたばかりのアメリカ発のスマートトレーナーブランド〈SARIS〉のギアも、楽しく自宅トレができるアイテムだ。

メタボ予備軍が7キロの減量に成功!

頼りになるスポーツサイクル専門店の〈ワイズロード〉。その東大和店で店長を務めている大野茂一郎さん。かつてはスポーツジムでスカッシュのインストラクターをしており、現在は積極的にMTBレースに参戦するほどのスポーツマンだが、甘いものが大好き。近年は不摂生な生活を送っていたこともあり、メタボが気になるようになったとか。

ワイズロード東大和店店長の大野さん
大野茂一郎(おおの・しげいちろう)さん/1972年生まれ。〈ワイズロード〉東大和店店長。時期によっては毎日必ずアイスを食べる生活を送り、近年は以前よりも日常の運動量も落ちてしまっていた。

今回は〈SARIS〉の商品の徹底的なテストも兼ねて、ダイエットにチャレンジ。3か月間で体重7kg減体脂肪率3%減に成功した。兎にも角にも、まずはBefore(左)とAfter(右)の比較でその成果をご覧いただきたい。

正面から見た、大野さんのダイエット前後の比較
垂れ下がってしまっていた胸のお肉もなくなり、腹部には腹直筋の陰影も出始めている。顔の輪郭もスッキリして若返って見える。3か月7kg減でここまで印象が変わるのだ。
横から見た、大野さんのダイエット前後の比較
こちらは横から見た様子。でっぷりと突き出したお腹が引き締まり、上の写真と同様、垂れてしまっていた胸部も引き上がっている。

「スタート時は67.8kgあったのですが、現在は60.8kg。減量しようと思ったこと自体がかなり久しぶりで、年齢も重ねていたので、どこまで減量できるか不安なところもありました。4kg前後痩せられたらいいかなと思っていたので、7kg減らせたのは想像以上の成果でした」(大野さん)

〈SARIS〉って一体なに??

〈SARIS〉はアメリカ生まれのスマートトレーナーブランド。スマートトレーナーとは、インドアサイクリングの必需品となるサイクルトレーナーの中でも、バーチャルサイクリングアプリとの連携機能を備えたものの総称だ。

SARISのトレーナーとプラットフォーム
写真右がスマートトレーナーの《H3 Direct Drive Smart Trainer》。展開時のサイズはW495.3×H469.9×L787.4mm。重量は21.3kg。左がプラットフォームの《MP1 Nfinity Trainer Platform》。サイズはW902×H152×L1600mm。重量は28kg。

サイクリストたちの間で大きなトレンドとなっている『ZWIFT』などのアプリを入れたパソコンやスマートフォンなどとワイヤレスで繋げば、バーチャル空間でのサイクリングを楽しむことができる。スマートトレーナーをバーチャルサイクリングアプリと連携させると、たとえばバーチャル空間での勾配の変化や、人の後ろを走ることでの空気抵抗の変化に応じて、自動で負荷が変わるのだ。

パソコンで使用した際のZWIFTの画面
世界中のサイクリストたちと繋がることができるのも『ZWIFT』の魅力。知人とファンライドを楽しむもよし、世界中のユーザーたちとレースで競い合うもよし。

「今回のダイエットチャレンジで使用した〈SARIS〉の《H3 Direct Drive Smart Trainer》は、時速32kmで59dbという静音性が特徴です。サイクルトレーナー、スマートトレーナーが気になって来店される方から最も多く質問されるのが、どれくらい音や振動がするかということなのですが、〈SARIS〉のスマートトレーナーは自信を持っておすすめできる静かさです」

MP1 Nfinity Trainer Platform》は、屋外での乗車感覚に近いライド感が得られるギア。スマートトレーナーと組み合わせ、バーチャルサイクリングアプリと繋げば、ゲームのようにエクササイズやバーチャルレースを楽しむことができる。

SARISのプラットフォームを横から見た様子
屋外で自転車を漕ぐときは、実は振り子のように左右に揺れながら走っている。左右に傾斜し、前後にも動くプラットフォームを活用することでリアルなライド感が得られる。

「《MP1 Nfinity Trainer Platform》は設置も簡単ですし、〈SARIS〉以外のメーカーのほとんどのサイクルトレーナーにも対応しています。左右にそれぞれ6度傾斜し、前後に約25cm動くことで、特に立ち漕ぎをしたときにリアルな乗車感覚が得られると思います」

『ZWIFT』連携で真価を発揮!

〈SARIS〉の《H3 Direct Drive Smart Trainer》は、2020年の大ヒットサービスの一つに挙げられる『ZWIFT』と連携することで、その真価を発揮する。

〈SARIS〉のセッティングはこう!

1/20
プラットフォームにトレーナーを載せる大野さん
まずはプラットフォームにスマートトレーナーをベルトで固定。〈SARIS〉以外のほとんどのトレーナーにも対応している。
プラットフォームに自転車を設置する大野さん
後輪を外した自転車をスマートトレーナーをつなげる。
プラットフォームに前輪を固定する大野さん
最後に自転車の前輪をプラットフォームに固定。
SARISのプラットフォーム、及びトレーナーを使ってZWIFTを楽しむ大野さん
スマートトレーナーと『ZWIFT』を接続したら準備OKだ。『ZWIFT』はタブレットでも使用できるし、TVなどの大画面に映し出せばより臨場感が増す。

『ZWIFT』ではバーチャル空間で世界中の景勝地を巡るファンライドはもちろんのこと、レースやエクササイズを楽しむことができる。バーチャル空間の勾配をどの程度再現できるのかもスマートトレーナー選びのポイントなのだが、《H3 Direct Drive Smart Trainer》は20%の勾配を再現可能。これなら『ZWIFT』内の勾配も問題ない。もちろん『ZWIFT』を楽しむのに不可欠なパワーメーターも内蔵している。

1/20
SARISのプラットフォーム、及びトレーナーを使ってZWIFTを楽しむ大野さん
バーチャル空間内の坂を上るときや、スプリントでスピードを出すときに立ち漕ぎをする際、プラットフォームがあるとリアルなライド感が得られる。
SARISのプラットフォーム、及びトレーナーを使ってZWIFTを楽しむ大野さん
正面から見ると、荷重した側にプラットフォームが傾いていることがわかる。

大野さんがダイエットに活用したのも『ZWIFT』。『ZWIFT』内に用意されているエクササイズを週に2〜3回行った。

「時間的に余裕のあるときは60分、疲れているときなどは30分エクササイズメニューを選んで取り組みました。思い立ったときにすぐに始められるのが、『ZWIFT』&〈SARIS〉のいいところです」

〈SARIS〉でどう痩せた?

大野さんの3か月7kg減ダイエット。その詳細もお伝えしておこう。

まずは食事制限。糖質と脂質を控え、タンパク質を欠かさない王道のスタイル。パンとパスタ、毎日食べていたという大好きなアイスクリームをやめ、糖質の摂取はご飯を基本に。昼食はコンビニの野菜パックやサラダチキンを活用した。

『ZWIFT』&〈SARIS〉によるエクササイズは週2〜3回。それに加えて週2回の自転車通勤日と、週2回の筋トレ日を設けた。筋トレはスクワット、プッシュアップ、フッキンがベース。ダンベルやケトルベルのようにも使え、プッシュアップバーにもなる漬物石を活用するのが大野さん流だ。

1/20
20201203rm_ohno_training01
大野さんは自宅の土間に〈SARIS〉のプラットフォーム&スマートトレーナーを設置。自宅でできるので、空いた30分などスキマ時間も活用できた。
20201203rm_ohno_training_02
筋トレはプッシュアップ、スクワット、フッキンの三本立て。
20201203rm_ohno_food
食事は糖質、脂質を控えめにしながら、タンパク質摂取を心がけた。

「継続が大切なのであまり無理をしないようにしました。グルメライドのイベントなど仕事の都合で食事制限ができないときは、気にせず食べて翌日のエクササイズを頑張るようにしましたし、どうしても我慢できずに話題のシュークリームを食べたこともあります(笑)。『ZWIFT』&〈SARIS〉エクササイズに関しても、トレーニングというよりは単純に楽しんでいました」

SARISのプラットフォーム、トレーナーと大野さん

果たしてコストパフォーマンスは良いのか?

楽しく痩せられて、サイクリストも大満足の遊び道具である室内バイクギア。費用も気になるところだろう。

まず必要なのは自転車本体。すでにクロスバイクやロードバイクを持っている人はもちろん不要。そのまま室内バイクギアと組み合わせればいい。

持っていなければ購入の必要がある。大野さんによれば、ダイエットとサイクリング入門を目的としてクロスバイクを購入するなら5万〜8万円の価格帯がおすすめだそう。最初から本格的なロードバイクに手を出すなら、15万円から上の価格帯を選んでおくといいそうだ。

クロスバイク50,000円
H3 Direct Drive Smart Trainer128,000円(税別)
MP1 Nfinity Trainer Platform158,000円(税別)
ZWIFT利用料(月額)1,500円(税別)
合計337,500円(概算)

※カセットスプロケット(5,000円前後)は別売り。

12か月で割ってみると月々のコストは29,500円、24か月なら15,500円となる。長く使うことを考えればジムの月会費と比べても遜色ないはず。購入したバイクは通勤などにも使えるとなると、コストパフォーマンスの高さはなかなかのものだ。

《MP1 Nfinity Trainer Platform》の気持ちいいライド感は、ぜひ味わってほしいものだが、初期投資の高さが気になるなら、最初は購入を見送る手もある。

ダイエットもトレーニングも成果を出すには継続が不可欠。楽しくエクササイズできる〈SARIS〉の室内バイクギアは、強い味方となってくれるはずだ。

Information

ワイズロード

https://ysroad.co.jp/

「Tarzan Web」を見て〈ワイズロード東大和店〉でSARISを購入いただいた方全員にワイズクラブ1,000ポイントをプレゼント中。

取材・文/神津文人 撮影/大内香織 スタイリスト/高島聖子 ヘア&メイク/天野誠吾