• 普段の練習で使える厚底シューズ|キーワードから選ぶ最新ランニングシューズ2020秋
RUN
2020.11.01

普段の練習で使える厚底シューズ|キーワードから選ぶ最新ランニングシューズ2020秋

厚底シューズ

五輪が予定されていた2020年はランニングシューズが豊作の年。話題のキーワードから自分にぴったりのシューズを探そう。さて「話題の厚底シューズ」で普段のトレーニングで使えるモデルは?

高機能を体感できるトレーニングに最適のモデルもあります!

世界のトップマラソンランナーから箱根ランナーまで。近年、エリートランナーたちはこぞってレースで厚底シューズを履いている。最新の厚底シューズはトップ選手用、レース用というイメージを持っている人もいるかもしれないが、決してそんなことはない。

トップ選手がレースで履くシューズをベースにしながら、トレーニング用に調整されたモデルもリリースされている。足にやさしくスピード感も堪能できる厚底をチョイスしよう。

① NIKE《NIKE AIR ZOOM TEMPO NEXT%》

1/20
NIKE《NIKE AIR ZOOM TEMPO NEXT%》
価格:22,000円(税抜)。サイズ:24.0〜30.0cm。公式オンラインショップ
NIKE《NIKE AIR ZOOM TEMPO NEXT%》
前足部にはアルファフライ同様、優れた反発性を生む2つのズームエアポッドを搭載。ランナーの足の回転をサポートしてくれる。

大迫傑選手がマラソンの日本記録を更新した際に着用していた《ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%》のトレーニング版として開発された。カーボンプレートの代わりに合成素材プレートを搭載。ミッドソールの踵部分にはリアクトフォームを採用した。安定性も高く、幅広いレベルのランナーの足に合うだろう。

② SAUCONY《ENDORPHIN SPEED》

1/20
SAUCONY《ENDORPHIN SPEED》
価格:16,000円(税抜)。サイズ:25.0〜29.0-30.0cm。公式オンラインショップ
SAUCONY《ENDORPHIN SPEED》
ミッドソールには、軽量で柔軟性とクッション性に優れたPWRRUN PBを採用。着地感はソフトで、エネルギーリターン効率も高い。

今夏に登場し、その機能性の高さが話題になっている〈サッカニー〉のエンドルフィンシリーズ。《エンドルフィン スピード》は、反発性と柔軟性を両立したミッドソール全体に延びるナイロンプレートを搭載。一歩一歩をスムーズかつ楽に進めることができる。スピードトレーニングやレース本番にも対応する。

③ New Balance《FuelCell PRISM》

1/20
New Balance《FuelCell PRISM》
価格:12,000円(税抜)。サイズ:25.0〜29.0cm。公式オンラインショップ
New Balance《FuelCell PRISM》
FuelCellが持つ反発性と、ソールの巻き上がりにより滑らかな接地と重心移動を実現。心地よいスピード感も味わえる楽しいシューズ。

超高反発のフォーム素材FuelCellで、ボリューミーなミッドソールを構成。ミッドソール内側に配置した高硬度の素材と、アッパーの甲部分のサポートにより、優れた安定性を実現している。ビギナーからサブ4を目指すランナーに対応し、上級者のジョグにも適した汎用性の高いシューズだ。

取材・文/神津文人 撮影/小川朋央

初出『Tarzan』No.798・2020年10月22日発売

Special