• 日本初上陸の新メソッド「ラグリーフィットネス」を紙皿で擬似体験!?
TRAINING
2020.10.13

日本初上陸の新メソッド「ラグリーフィットネス」を紙皿で擬似体験!?

Lagree Fitness

「ピラティスの進化版が日本に上陸した!」などというタレコミを得た。その名も「ラグリーフィットネス」。なにやらピラティスのリフォーマー(ピラティス器具)をヒントに作られたマシンを使って行うらしい。

ラグリーフィットネスで使用するマシン《メガフォーマー》。

Lagree Fitness
ラグリーフィットネスはアメリカ・LA在住のトレーナー、セバスチャン・ラグリーが考案したメソッド。メガフォーマーと呼ばれるマシンを用いることで、高強度かつ低負荷なトレーニングを実現。引き締まったカラダを作り上げる。通常は上記のメガフォーマーを使用して行うが…。

いざ体験せん! と新人編集・マスダ、紙皿2枚タオルを用意し、PCの電源を入れて待ち構える。そう、本来ならマシンを用いるのだが、このたびオンラインフィットネススタジオ〈WORKOUT COMMUNITY〉により、自宅でも簡単にできるプログラムが生まれたのだ。

紙皿でラグリーフィットネスを擬似体験!

PC画面の向こうに現れたのはラグリーフィットネスインストラクター・Asamiさん。彼女の指導のもとレッスンが進む。基本的な動作は紙皿の上に乗せた手足をゆっくりと滑らせ、引き寄せるだけ。

一見簡単そうだが、侮るなかれ。じわりじわりとコアに効き始め、すぐさま滝汗、筋肉がブルブルと震え始める。これはピラティス進化版というより、キツいコアトレーニングに近い。

紙皿で体験できるラグリーフィットネス(風)のエクササイズ。

1/20

コアトレ

Lagree Fitness

まずはコアに効かせる。太腿と胴でV字を作り、手は斜め前に。紙皿に乗せた足を滑らせながら、上半身のアップダウンを繰り返す。

下半身トレ

Lagree Fitness

左足を紙皿に乗せ、右足を前に。右膝の位置を保ったまま上半身を引き上げる。繰り返していくうちに右腿裏がブルブルと震えだす。

上半身トレ

Lagree Fitness

四つん這いの姿勢で皿に乗せた両手を外側に。床を押すイメージで両手を肩の位置まで戻す。引き寄せるほど腕に負荷がかかる。

ストレッチ

Lagree Fitness

最後は肩甲骨をストレッチ。前後へ大きく回すことによって、可動域が広がり、肩甲骨まわりの腕や背中の筋肉がほぐれスッキリとする。

Point

Lagree Fitness

今回はマシン(メガフォーマー)の代わりに、紙皿2枚とタオルを使用。滑りやすい床ならタオルのみでOK!

「ラグリーフィットネスは一つの動作に有酸素性・持久性・体幹・柔軟性・バランスとさまざまな要素が含まれており、その複合的な動きが発汗を促します。また、“震えないなら、意味がない”というラグリーの言葉があるくらい、筋肉が震えるほど追い込むことに重きを置いています」とAsamiさん。

幾度となく挫折しかけるマスダだが、画面には同じトレーニングに取り組む他の参加者が。その懸命な姿を見て「逃げちゃダメだ」と自分に言い聞かせる。30分が経ち、なんとか無事完走。こんなふうに、限界まで追い込めるのも特徴のひとつだ。

朝5時半から開催されるこのレッスン、過酷な30分を耐えた達成感で始まる一日は格別なこと間違いなし。

Information

オンライン・フィットネススタジオ《WORKOUT COMMUNITY》

https://workoutcommunity.jp/

取材・文/増田淳希 撮影/北尾渉 イラストレーション/高橋潤

初出『Tarzan』No.796・2020年9月24日発売

Special