• 「“実力”に裏打ちされたスタイル、黒いキックレガースはその象徴です」(WWEスーパースター・中邑真輔)
COLUMN
2020.03.27

「“実力”に裏打ちされたスタイル、黒いキックレガースはその象徴です」(WWEスーパースター・中邑真輔)

中邑真輔

「アマチュアレスリング出身で、新日本プロレスに入門した頃からグラップリング(組み技)はある程度できると。ただバリバリのストライカー相手に殴り合う技術はないので、プロレスの練習と並行してボクシングや総合格闘技のジムに通いました」

2002年8月にデビュー。同年大晦日にはアントニオ猪木に抜擢され、総合格闘技の大一番、ダニエル・グレイシー戦に臨んだ。若き日から新日本のテーゼである“ストロングスタイル”を背負う存在に。

中邑真輔
中邑真輔(なかむら・しんすけ)/1980年、京都府生まれ。青山学院大学時代はレスリング部と美術部に在籍。新日本プロレスを経てWWEへ。7月2日大阪、3・4日横浜で開催の『WWE Live Japan』に出場予定。

「キックレガースを身に着けるようになったのは、試合で蹴りを使うという意思表示。キックを武器にするなら、本物の技術を習得しなければならない。自分が表現したいのは、付け焼き刃じゃない“実力”が落とし込まれたスタイルだから」

レガースは一貫して〈M&Mカンパニー〉にオーダー。脛部分のみが多いなか、甲までカバーするタイプにしたのは理由がある。

中邑真輔
〈M&Mカンパニー〉の村上真理子さんが全工程を手作業で仕上げる。「中央に縦のステッチを入れて、足首と甲を繫ぐ部分を細くしてもらったりと、最初に相談してディテールを決めました」。蹴りが当たる前面部は本革を使用。「そこは村上さんが譲れないところ。丈夫で長く使えます」。

「プロレスの特性上、相手に怪我をさせたくはない。甲部分まであんこの入ったレガースだと、思い切り蹴りをブチ込めます」

16年にアメリカのWWEに移籍。肩書きが“プロレスラー”から“スーパースター”に変わっても、スタイルは揺るがない。

「このクオリティはアメリカでは手に入らないだろうと、2組ほど予備を持っていきました。今は色を使ったパンタロンタイプのコスチュームの下に黒いレガースを装着。もう外して試合することはないでしょうね。海パンを穿かないでプールに入るみたいで、そわそわしちゃうと思うから(笑)」

text: Tarzan photo: Yuichi Sugita illustration: Shinji Abe

初出『Tarzan』No.784・2020年3月26日発売

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。

メンバーシッププログラムSTART! CLUB Tarzan

Special