• 最新テクノロジーを駆使した、ユニークなフィットネス3選|ターザン的「CES 2020」現地レポート(3)
TRAINING
2020.01.10

最新テクノロジーを駆使した、ユニークなフィットネス3選|ターザン的「CES 2020」現地レポート(3)

20200110rm_cesreport_top02

フィットネスやヘルスケア分野の最先端も集まる「CES 2020」を、ターザン的目線でレポート。最新フィットネスツールのなかでも選りすぐりの3点を、毎年現地を訪れているトレーナー中野ひろゆきさんが体験してきました。

テクノロジーを活用した最新フィットネス3選

  1. 動作を確認しながらレッスンも受けられる“魔法の鏡”
  2. 最新コアエクササイズは、ハンティング(狩り)!
  3. ボクササイズを変えた“AIボクシング”

1. 動作を確認しながらレッスンも受けられる“魔法の鏡”。

ディズニー映画『白雪姫』に出てくる“魔法の鏡”のような製品が登場しました。それがECHELON社の《リフレクト タッチ》見た目はいたって普通の一般家庭にあるような壁がけの鏡。しかし、この”魔法の鏡”は最新フィットネスプログラムを自宅でまで届けてくれる優れものなんです。

 ECHELON REFLECT TOUCH(エシュロン リフレクト タッチ)
ECHELON REFLECT TOUCH(エシュロン リフレクト タッチ)

縦121cm×幅60cm×厚み5cm 重量23.6kg の“魔法の鏡”には、

  • 32インチHDタッチスクリーンディスプレイ
  • アンドロイド7.1搭載
  • 8megapixel フロントカメラ搭載

などなど、おとぎ話には出てこない最新テクノロジーが満載。そして、この鏡を通じてさまざまなライブクラスやオンデマンドで受講できるのです。

ヨガ、ピラティス、コアトレーニング、ストレングストレーニング、ボクシング、ストレッチなどの一般的なクラスから、ズンバ、バレー、トーン(引き締めエクササイズ)、メディテーション (瞑想)などのユニークなものまで! 幅広いレッスンが揃っているのも魅力。

$1639.9(約179,600円)+メンバーシップ料金が月額$39.99(約4,400円)と、価格は決して“おとぎ話”ではありません。

ありそうで今までなかった、スクリーンで先生の動きを見ながら、そして同時にミラーで自分の動きを見ながらレッスンが受けれるこのシステムは超画期的! 日本でも《エシュロン リフレクト タッチ》を見かける日はそう遠くないかもしれません。

2. 最新コアエクササイズは、ハンティング(狩り)!

日本でも話題になったVRコアトレーニング器具《ICAROS HOME》の第2弾の試作品を「CES2020」で発表。第2弾のコンセプトは巨大なバランスディスクの上で行う体幹トレーニング。《ICAROS CLOUD》は、身長120cm~196cmまで対応との事があって、子供から大人までみんなが楽しめる遊び心たっぷりです

ICAROS CLOUD(アイカロス社 クラウド)
ICAROS CLOUD(アイカロス社 クラウド)

トレーニング内容には2種類があり、1つ目がスクリーンを見ながらでインストラクター指示に従う「オンデマンドレッスン」。(1)POWER UP(パワーアップ)、(2)FLY YOGA(フライヨガ)、(3)CORE(コア)の3つのプログラムを選べます。

そして要注目のもう1つ目が、実際に私も体験をした「ゲームエクササイズ」。VR機器を装着した状態で、ディスクの上に膝を浮かしたした状態で四つん這いになり、プレイヤーは“チーター”になって“インパル(ターゲット)”を追いかけ、捕まえます。

《ICAROS CLOUD》を実際に体験。
《ICAROS CLOUD》を実際に体験。

まずは、体幹を意識しながらゆっくりとした前後の揺れの動きを作りインパルに近づきます。その後、全身を激しく前後に揺らしインパルを捕まえるといったシンプルなゲーム。VR機器に流れる画面は、下記の《ICAROS CLOUD》の公式動画からご覧ください。

実施にエクササイズを行ってみた感想は、かなりハード! 体幹トレーニングのみならず、全身を使ったファンクショナルトレーニング、心拍数が短時間で一気に上がるHIITトレーニングの効果もある優れたホームフィットネスマシーン。2020年3月販売予定で、販売予定価格は$1,200(約132,000円)ご近所さんへの騒音問題もないので、マンション暮らしの方にもオススメな製品です!

3. ボクササイズを変えた“AIボクシング”。

短時間で効果的にカロリー消費を行えるボクシング系のエクササイズ。歴史は長いですが、シンプルなエクササイズゆえ、今まであまりイノベーションが起きてこなかったのも事実。従来のボクシング系のエクササイズは2種類(1)インストラクターの動きに合わせて動くボクササイズ 、(2)ボクシングコーチにバックやミットを習うボクシングでしたが、AI/VRを活用した新しいジャンルのボクシングエクササイズが登場しました! それが《BOT BOXER》。

BOT BOXER (ボットボクサー)
BOT BOXER (ボットボクサー)

モーションセンサーとVRを着用し、グローブをつけてパンチングバックをパンチするといういたってシンプルな内容だが奥が深い。VRの中にはバックではなく対戦相手が現れ、対戦相手に仮したパンチングバックパンチ。

しかしパンチングバックの本体に搭載されたカメラが、挑戦者(プレイヤー)の動きをモーションセンサーで探知し、AIを活用して挑戦者のパンチを避ける。その上、バックに近づき過ぎているとセンサーが感知しパンチを打ち返してくるという機能まで搭載。このゲームエクササイズ3分間繰り返し、3分間の間に相手を倒すとどんどんレベルアップしていきます。

前後のフットワーク、上半身のボクシングエクササイズ、心拍数の向上などフィットネス要素は十分。そして最も魅力は、時間を忘れるほど楽しい!本体価格は$25,000(約274万円)と高額だが、ぜひ会社に1台置いて欲しい代物です。

PROFILE
中野ひろゆき
中野ひろゆき(なかの・ひろゆき)/1984年生まれ。SPARTAN SGX。大阪・堀江のパーソナルトレーニングスタジオ〈GRACE HORIE〉代表、ReebokONE アンバサダー。15歳から23歳までカナダに留学し、オカナガン大学卒業。カナダCJFLや日本Xリーグでアメフト選手を経験し、日本でトレーナーとして活動。

取材・文・撮影/中野ひろゆき

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。

メンバーシッププログラムSTART! CLUB Tarzan