• 短時間にカラダを追い込む新スポット。世界最大級の低酸素ジム、豊洲に爆誕!
COLUMN
2019.11.19

短時間にカラダを追い込む新スポット。世界最大級の低酸素ジム、豊洲に爆誕!

低酸素ジム
低酸素環境下におけるカラダの応答や脚の筋肉量のバランスなども測定できる(約1時間の測定×3回、有料)

11月1日、〈アシックス〉が豊洲に大型ジムをオープン。2フロア、総面積約5,000平方メートルの店舗では、マシントレや水泳、各種スタジオプログラムなどを低酸素環境下で行える。ここまで大規模な“低酸素トレーニング施設”は国内はおろか、世界的にも超レア。

低酸素ジム
国際大会が行われるスタジアムと同仕様の50mのランニングレーンが2本あるトレーニングエリア。マシンも約75種類揃っており、筋トレマニアにはたまらない! 広々としていて閉塞感がないので快適だ。

低酸素トレーニング=アスリートや登山家が行うものというイメージが強い人も多いだろうが、「日々忙しく運動の時間を多く確保できないビジネスパーソンにこそおすすめです」とスタッフの田中紗葵さん。

低酸素ジム
水深1.8mとプロ仕様。プールサイドは幅広めの設計でTRXなども設置。別室に3レーンの25mプールもあり。

低酸素環境下で鍛えると持久力強化をはじめ、脂肪の燃焼効率向上や糖代謝の促進、血行改善を狙える。酸素濃度は常圧のまま標高2,000〜4,000m相当に設定。短時間で効率的に追い込める。

低酸素ジム
関節の可動域を広げるストレッチ専用の最新マシンも充実。セルフでは効かせにくい深部まで伸びるのを実感。

3階にある〈アシックスラボ〉もユニークなコンテンツ。ここでは左右の脚の筋肉量のバランスや最適なランニングのピッチなどを測定でき、自分に必要なトレーニングについて指導を受けられる。

低酸素ジム
ヨガなどのスタジオプログラムも毎日開催。プロジェクションマッピングが壁一面に投影。

ほかにも鍼灸などを受けられるコンディショニングルーム、プロテインや軽食を摂れるカフェ、サウナ付きの浴場も。至れり尽くせりの施設で低酸素トレをルーティンに!

INFORMATION

ASICS Sports Complex TOKYO BAY

  • 料金:月額20,000円(入会金30,000円)、パーソナルトレーニング6,000円(50分)。ビジター利用10,000円
  • 住所:東京都江東区豊洲6-4-20 Dタワー豊洲2・3階
  • 電話番号:03-5547-4558
  • 営業時間:7:00〜22:00(土・祝8:00〜20:00)、日曜休

取材・文/門上奈央 撮影/鈴木大喜

初出『Tarzan』No.776・2019年11月7日発売

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。

メンバーシッププログラムSTART! CLUB Tarzan

Special