「ハンドツイスト」でくびれを作ろう!
健康診断前日の筋トレはNG。
反り腰を改善して、しつこい腰痛にサヨナラ!
有酸素系のフローヨガで運動不足を解消!
目指せギャクサン!背中を鍛え上げる公園活用術。
突然のギックリ腰。どう対処する?
ダイエッターにおすすめの焼き鳥10本。
運動の「やり過ぎ」で免疫が下がる⁉︎
  • 公開:

食事のレパートリーは、どうすればいい?|現役ビルダー監修、本気で鍛える人の食事の悩み相談室(1)

ジャガー佐藤さん/1979年生まれ。THINKフィットネスGGPサプリメント開発主任、ボディビルダー。2011〜2015年、日本クラス別ボディビル選手権優勝。2012〜2016年、日本ボディビル選手権連続入賞中で2016年は5位。

ジムで突撃取材を実施して、本気トレーニーたちの疑問を収集。そこで挙がった11項目。素朴な悩みから超マニアックな質問まで、全てをレジェンド・ビルダー、ジャガー佐藤さんに答えてもらいました! 現役ビルダー監修、本気で鍛える人のための、食事の悩み相談室のスタートです。

Q. 食事のレパートリーは、どうすればいい?

朝食は卵とプロテイン、昼食はプロテイン、夕食はサバ缶が僕の定番タンパク質源です。そろそろ飽きてしまうのではないかと心配なので、飽きのこない食材やオススメのレパートリーを教えてください。(トレーニング歴3年・23歳・男性)

私も毎日の食事はだいたい同じ食材です。朝は卵、昼はツナ缶かサバ缶、夜は鶏肉が基本です。このスタイルになって5年ぐらいだと思いますが、今のところ飽きてはいません(笑)。

缶詰は探してみるとタンパク質源になるものが多く、味のバリエーションも豊富です。減量期はノンオイルのツナやささみ、増量期は脂質のあるサケやイワシ、焼き鳥などがおすすめ。

それでも飽きるというなら、豆腐や納豆などを取り入れると幅が広がります。

取材・文/神津文人 撮影/大嶋千尋 撮影協力/ゴールドジム イースト東京

(初出『Tarzan』No.726・2017年9月14日)

Share
Share